Search This Blog

Friday, 30 July 2010

Serpentine Gallery Pavilion 2010/ サーペンタイン・ギャラリー 夏のパビリオン

Serpentine Gallery is a very small gallery, located inside Kensington Gardens.
Every summer, there is an architectural exhibition at this gallery, taking advantage of the space - though the gallery itself has limited space inside the building, Kesington Gardens has lots of space!

This year's exhibition was this.. red.. roofed terrace café.. not sure this is the right description though.


The building was designed by Jean Nouvel.  In the video, the architect says that London is characteristically "red" (eg. double decker, telephone booths..), and he thought of this bright colour, standing in the middle of a green park.  The effect is clear - it really stands out, and is almost blinding.  Everything here is red- even the fridges in the café!

I like the openness and the airiness of the pavilion, and the way it invites people in.  There are hammocks and pin-pong table too..


There are small funny tricks here and there that you discover as you go inside and sit down.
I look forward to going back, next time maybe to sit on one of the cushions on the floor, and read my book, feeling the breeze..


~  。~  。~  。~  。~  。

サーペンタイン・ギャラリーはケンジントン・ガーデンズ内にある小さな美術館です。
ここでは、毎年夏になると建築の展示(というのでしょうか??)があり、館内ではなく屋外に、著名な建築家の作品を造ってしまいます。美術館そのものは小さくても、使える敷地は広いのですね。
今年の作品は、赤い…カフェスペースというかなんというか。このような建物です。


今回は、ジャン・ヌーヴェルという建築家の作品です。緑の公園の中で、この真っ赤な色の映えること。目がチカチカしそうなくらいです。中は、ゴミ箱から冷蔵庫に至るまで赤。
サーペンタイン・ギャラリーのビデオで、本人は「赤はというのはロンドンの象徴的な色だと思います。ダブルデッカーとか、電話ボックスとか…」と話していて、なるほど…と思いました。

天井が高く、囲う固定された壁がほとんどなくて、とても開放的な空間です。周りにはハンモックがあったり、卓球台があったり。スーツ姿の男性が、息子たちとピンポンに興じている姿がほほえましい^^


実際に足を踏み入れないとなかなか分からないのですが、中にはちょっとした仕掛けがあちこちにあり、遊び心いっぱいの空間でした。
次に行くときには、床に並べられたクッションを確保して、のんびり本でも読んでこようかと思います。


Tuesday, 27 July 2010

Gooseberry tart/ グースベリーのタルト

I love gooseberries.  They are.. rather funny looking fruits I guess, but funny-cute.  They are so tart that you can't eat them on their own (or so I think) - but they are lovely in a fruit tart.


So, I baked this gooseberry tart.
When I took the tart from the oven, I had to remind myself that there are many things in this world that don't look as good as they taste - or taste better than they look.  Sea urchin.  Squid ink.  Hummus.  Peanut butter.  Oh well.  I consider cooked gooseberries to be one of them... sadly.   Don't let the looks affect your appetite!


This recipe comes from Delia Smith, and as she states, it is super easy.  It is almost annoying, because it is so easy, and yet it tastes so good.  The sharp tartness of the berries goes very well with the rich custard, and it is so pleasantly refreshing.  I think it is a perfect summer dessert.

I made a whole jar of gooseberry jam too- which goes beautifully well with scones, as it cuts the richness of clotted cream.
The only issue would be.. that you end up eating too many scones, and will have to carry on eating scones to consume this jam, as it is too tart to eat on its own with toast.
Maybe I need to have a tea party to consume the gooseberry jam..



~  。~  。~  。~  。~  。~  。

私の好きなグースベリーが、今ちょうど旬です。
毛が生えていて、不思議な縞模様が走って...ちょっと異様な外見のベリーですが、見方によっては可愛いと言えなくもないと思います...。


日本語では西洋スグリというそうで、とても酸っぱい果物です。そのままでは食べられない(と思われる)ので、こちらではもっぱら加工して食べます。
今日は、タルトにしたのですが...見かけがどうも、ぱっとしない...。
おいしいんですけど。


このタルトのレシピは、イギリスの人気料理家、デリア・スミスのもので、本人も言っている通り、ものすごく簡単です。
クレーム・フレッシュ(フランスのサワークリーム)をベースにしていて、結構リッチなのですが、そこにこのグースベリーの酸味がよく合って、爽やかな夏らしいデザートです。

タルトとともに、ジャムも作りました。
ジャムも酸味が強いので、クロテッド・クリームと一緒にスコーンにつけて食べると最高です!
クリームの濃厚さと、グースベリーの酸味がぴったり。

問題は、...つい食べ過ぎることと、スコーン&クロテッド・クリーム意外の消費が難しいということでしょうか。
そのうち、グースベリージャム消費目的で、ティーパーティーでも開こうかと思います...。


Saturday, 24 July 2010

ボロー・マーケット/Borough Market

今朝は久しぶりでボロー・マーケットに行ってきました。
目的は、コーヒーとサクランボです。イギリスでは、大抵売っていて見かけるサクランボは日本でいうところのアメリカン・チェリーと同じもので、濃い赤のものです。日本で見るような黄色いサクランボもヨーロッパのどこかか、国内のどこかで作っていると思のですが、とんと見かけません...。
ということで、ボロー・マーケットならばあるのではないか、と思ったのでした。

最初に行ったのは、モンマス・コーヒーです。
コーヒー好きの人なら知らない人はいないというくらい、よく知られた店で、本店はコヴェント・ガーデンにあります。
こちらではカフェスペースがより広く取られていて、いい雰囲気でした。


まずはここで、コーヒーをテイクアウトして、家から持ってきた(笑)マドレーヌと一緒に朝ごはんにしました。
ハートのコーヒーアートのほうがカフェオレ、はっぱのほうがカフェラテです。


そのあと、野菜や果物のお店をあちこちのぞいたのですが、残念ながら黄色のサクランボは見つかりませんでした...。
というわけで、結局目的を達成できたのは、コーヒーのみでした。
でも、土曜日の朝早く起きて、たくさんの食材を見て歩くのはそれだけでなんだか楽しいものです。




というわけで、今年は黄色のサクランボを食べ損ねてしまいました。残念...。

~  。~  。~  。~  。~  。

We went to Borough Market this morning.
Our objective was coffee and cherries - we were after yellow cherries.  There must be some yellow ones that are produced in the UK, or at least somewhere in the EU?  We thought we would have a chance of finding them, if we went to Borough Market.  In Japan, we normally have yellow cherries, so I think there is a bit of a nostalgic element for me.

So, first to Monmouth Coffee.  Anyone who claims him/herself a coffee lover in London must know this shop.     Their main shop is in Covent Garden, but this branch has got a bigger seating area, and felt more airy and comfortable.


We had takeaway coffees, and enjoyed them with home-made madeleines..
The one with heart-shaped coffee art is cafe au lait, and the one that looks like a leaf is caffe latte.


We then walked around in the market, looking for the yellow cherries, ... but we didn't find any :(

So, in the end, we only fulfilled our coffee objective, however, it was still nice and pleasant to get up early on a Saturday morning, and walk around the food market.  It was a very pleasant day too, and we left the place before it got too crowded with tourists.




Well, seems we have to wait another year to have yellow cherries...

Wednesday, 21 July 2010

Madeleines/ マドレーヌ作り

I baked some madeleines today.  It was actually the first time I have baked them at home..


I always wanted to have a madeleine mould, but I have to be very careful with what I buy, as our kitchen has limited storage.  Finally I made a decision to buy one, and got it in Paris when I did the crazy one-day trip there.
I have been meaning to bake some.. and finally did.  I enjoyed baking them.. so fun and cute to watch them puff up!
















I find it quite interesting that in Japan, they always present madeleines with their shell-side up.  However, I  was told that the "exploded side" is supposed to be facing up, by a French person.  I quite like the puffed up face, I think it's cute.


They often say that butter-based cakes are nicer after a few days, than straight after baking.  However, madeleines are an exception, you should eat them as soon as possible.
One of my baking books says "it's the chef's privilege to eat the straight-from-oven madeleines - it's crusty outside, and warm and moist inside, delicious!".

Of course I gave in to the temptation..  and I totally agree with her!

~  。~  。~  。~  。~  。

今日はマドレーヌを焼きました。
恥ずかしながら...家で焼いたのは初めてでした。



念願のマドレーヌ型を買ったのは今年の3月、パリに行ったときのことでした。お菓子の道具は、どれも欲しくなってしまうけれど、我が家のキッチンでは収納に限りがあります。毎回、悩んで悩んで、一つずつ買っているのが現状です。
そして...買ってから数カ月、焼こう焼こうと思いつつ、実行に至らずにいたのですが、とうとう焼きました。
15分くらい焼くあいだ、見てると楽しい。











おおー、膨らんだふくらんだ。




常々興味深く思うのが、ほぼ例外なく、日本のレシピ本では、焼きあがりの写真だと貝殻の面が上を向いているということです。
とあるフランス人は、「こっちが上!」と、膨らんだ側を上にしていたのですが。
せっかくの貝の形を見せたい気もするけれど、ぷっくり顔も可愛いと思います。


バターケーキは数日おいてからのほうがおいしい、というのが定説ですが、マドレーヌは例外です。コルドン・ブルーでも「焼き立てをすぐ食べるのが一番」と習いました。
持っているレシピ本の一つに、「焼いた人の特権で、焼きたてのマドレーヌを食べると、外はかりっとして、中はふんわりして、格別」と書いてもありました。
もちろん、私も誘惑に負けました。
かりっ、ふわっ...ほんとの焼き立てを食べられるのは、やっぱり手作りならではの楽しみです。
病みつきになりそう。

Thursday, 15 July 2010

East meets West/ 緑茶、和菓子、そしてクロテッド・クリーム

Someone I met in Japan during the event in May sent me a lovely gift the other day - a "starter kit" for making matcha (powdered green tea).  
Normally, matcha is served at Japanese tea ceremonies.  And, in order to "perform" the ceremony, you will need to take lessons to understand all the rules.  I have always wanted to take tea ceremony lessons, but unfortunately I haven't managed it yet.
However, well - you can still make matcha green tea, without the ceremony...

So, this is my first ever matcha that I made myself.  It is correct that it is slightly foamy.  I love the colour - such lovely green!


She sent me not only the starter kit, but also a book about tea ceremony, some matcha tea, and Japanese sweets, monaka.  Monaka consists of two wafer-like crispy "shells" and red bean curd centre.  It goes very well with green tea.


In the letter she wrote that I should try the sweet with clotted cream, as it is a "tested and loved" recipe.  Of course, it is very unusual combination, but I trusted her, and tried it, as recommended.


.. and.. it was not bad at all!  Somehow, it had a nostalgic flavour, though it was the first time I ate monaka with clotted cream.  It went very well with my matcha tea.
I am very grateful for my new friend - and I hope I see her soon again, perhaps in London next time!

~  。~  。~  。~  。~  。

5月の日本でのイベントで知り合いになった方が、先日素敵な贈り物をしてくださいました。初心者向け、抹茶セットです。
茶道を習わなくても、お茶席でなくても抹茶を点てていいのね…と、なんだか目から鱗、という気分でした。
というわけで、ロンドンの硬水をフィルタリングして、シャカシャカと見よう見まねで茶筅を使い、抹茶を点ててみました。

とりあえず、色は綺麗です…味は、プロの方からすると、分かりませんが…


この方は、お茶セットのみならず、茶道についてのデザインの本、抹茶を数種類、それに最中を一緒に送ってくださいました。「手作り最中」という、皮と中身が別々になったものです。

同封してあったお手紙に「最中とクロテッド・クリームって合うんです!ぜひ試してください」とあったので、少々不安を感じつつも…おすすめのとおりにして、頂きました。


意外ですが、たしかに!
なかなかおいしい組み合わせです。
こちらの最中はたねやのものだったのですが、餡の中に、求肥が入っています。求肥+あんこ+クロテッド・クリームの取り合わせが、なんだか懐かしい…と思ったら、頭の中で「白玉クリームあんみつ」に変換されていたみたいです。そこに、最中の皮の香ばしさ。
おいしくないはずがありません。

あずきのふくよかな甘み、クロテッド・クリームの濃厚さに、抹茶の爽やかな苦みがぴったりで、おいしいお茶のひとときでした。

そのうち、ちゃんと軟水を用意してお茶を点てないといけませんね…。

送ってくださったS.N様、今度はぜひロンドンでお会いしたいと思います。

Monday, 12 July 2010

Tea-tox at Brown's Hotel/ ブラウンズ・ホテルの「ティー・トックス」

Today I had a meeting at Brown's Hotel - over afternoon tea.  We were recommended to try their new afternoon tea, which is called Tea-tox.  According to the stylish card given at the table, it is "a healthy version of Brown's award-winning Traditional Afternoon Tea".

The head pastry chef at Brown's, Fabien, is a friend.  I know how good he is, and I always liked what he did for afternoon tea at Brown's. However, to be honest, I was not sure I was going to like his non-sugar added pastries...


The three tiers consisted of:
- Gluten free open-face sandwiches and savoury biscuits
- Crudités with hummus
- Sugar free pastries: apple and cucumber jelly, raspberry sorbet, chocolate cup with lemon cream and blueberries, orange almond cake with yoghurt topping, and carrot seed cake.


I must say that I was pleasantly surprised - that they were all very good!
I was sure that I would detect the artificial sweetness straight away, but it was not very easy.  My favourite was the orange cake, which was moist and rich, yet refreshing.

Since this Tea-tox just started from Sunday, we were among the first guests to try it.
If I were a tourist coming for afternoon tea at Brown's, perhaps I would have gone for the normal afternoon tea, in order to have the signature scones.  However, it was a good change, especially after the well-fed weekend in the South of France...

~  。~  。~  。~  。~  。

今日は、アフタヌーン・ティーの時間に、ブラウンズ・ホテルでミーティングがありました。
アフタヌーン・ティーのメニューに、新しく「ティー・トックス」というものが加わったので、これを頼むことにしました。「デトックス」にティーをかけて、ティー・トックスと名付けられたこのメニューは、ブラウンズのアフタヌーン・ティーのライトバージョンとでもいうべきものです。

このティー・トックスを手掛けたヘッド・パティシエのファビアンは友人ですし、彼の腕も知っています。でも、…砂糖抜きのケーキだと聞かされていたので、本心ではあまりおいしくないんじゃないか、と思っていました。



おなじみの三段スタンドで登場したのは…
‐ 小麦粉不使用のパン・クラッカーによるオープン・サンドイッチ
‐ 野菜スティックと、フムス(ヒヨコマメのディップ)
‐ 砂糖不使用のケーキ類(リンゴとキュウリのゼリー、ラズベリーのソルベ、レモンクリームとブルーベリー入りのチョコカップ、オレンジとアーモンドのケーキ、ヨーグルトのクリーム、キャロット・シード・ケーキ)



正直いって、おいしくて驚きました。
甘味料の味がすぐに分かると思ったのですが、そうでもなく、嫌味の無い甘さです。
私が一番おいしいと思ったのは、このオレンジのケーキ。しっとりしてコクもあって、それでいてさっぱりして、おいしく頂きました。さすが、の腕前です。

このティー・トックスは、前日の日曜日に始めたばかりとのことで、私たちが最初に味わう客だったとか。名誉なこと(?)です。

もしも、私が観光客で初めてブラウンズに来るのなら、やっぱりスコーン食べたさに、普通のアフタヌーン・ティーを頼んでしまうかな…と思いました。
でも、南仏で満腹な週末を過ごした後だったので、私にはちょうど良いタイミング・内容でした。
ごちそうさま!



Saturday, 10 July 2010

Weekend in South of France- Part 2/ 南仏での週末 パート2

Another bright and hot day...

After a lovely breakfast which consisted of croissants, yoghurt, fresh fruits and coffee, we went down to the local farmers' market.  
Everything here comes from the area, so it is super fresh.  I took advantage of the opportunity to record some of the summery colours.  The fruits and vegetables looked just so... beautiful!







We picked up some tomatoes, salad leaves, a melon, a few round courgettes and a goats' cheese at the market, dropped by at the bakery, and headed back home for lunch.




After the lunch, we fought the temptation to take a nap, and went out to run another errand - we wanted to buy some good quality olive oil to bring back to London.  We went to a village called Callas, where there is an olive oil mill.  After some olive oil tasting, we picked the one which won the gold medal at a regional competition of 2010 .

Though it was not our original plan, we decided to go over to a château called Château d'Esclans.  The château itself is a lovely place, which almost makes you dream of owning your own vineyard.  Last year, we bought a lovely rosé here, so we basically returned for more..


... So our suitcase on the way back was quite packed.  However, we were not sorry to drag our significantly heavier suitcase, as it was packed with lots of goodies!!

~  。~  。~  。~  。~  。

この日も朝から快晴…そして、暑い…。

クロワッサン、ヨーグルト、果物とコーヒーという朝食のあと、義母に頼まれて、近くのマルシェに買い物に行きました。
この市場では、この地方で採れたもののみを扱っているので、どれもとっても新鮮です。良い機会とばかりに、ずいぶん沢山写真を撮ってしまいました。果物も野菜も、ほんとに色鮮やかで綺麗でした。
ラディッシュ。フランスでは、丸いものよりも、細長いもののほうがよく見かけます。

赤と緑のトマト。緑のものは…これで完熟なのか、わざと未熟な状態で食べるのか?? 買ったのですが、食べ忘れてきてしまいました…(涙)


こちらはズッキーニの一種。大きさは小さめで、子供の手のひらに乗るくらいです。

紫のニンニク。こちらでは、白いものはあまり見ません。

これもズッキーニ。義母が、中身をくりぬいて、チーズなどを詰めてオーブンで焼いたものを作ってくれたことがありました。

色とりどりのマメ類。


紫のエシャロット→











マルシェでは、トマト、サラダ用のはっぱ、メロン、丸いズッキーニ、ヤギのチーズを買いました。帰りにパン屋さんによって、家まで戻りました。

こちらが昼食の様子。5-6種類のチーズと2,3種類のハム、果物というのがこの家の定番です。

お昼のあとは昼寝の誘惑と戦いながら、もう一件、用を足すことにしました。ロンドンに持ち帰るオリーブオイルがほしかったのです。午前中で仕事を終えた義父も一緒に、3人で出かけることにしました。
向かったのは、オリーブオイルの搾油所があるカラスという村です。
何種類かのオイルをテイスティングをしたあと、2010年度の金賞を受賞したというオリーブオイルを買いました。

これで買い物はおしまい…のはずだったのですが、ついでにシャトー・デスカラン(Château d'Esclans)まで足をのばすことにしました。
昨年、こちらで買ったロゼがなかなかおいしかったので、また買うことにしたのです。
建物は撮り忘れてしまったけれど、とても素敵なシャトーで、アジサイの花がちょうど綺麗でした。こんなところでワインづくり、私もしてみたい…という、非現実的な白昼夢に浸るにはぴったりの場所です。



帰ってから、晩にはみんなで近くのレストランに行き、改めて結婚祝い&誕生祝いをしたのでした。

というわけで、帰りのスーツケースは、行きのスーツケースよりもだいぶ重くなってしまいました…が、おいしいもので重くなるのなら満足です!

お義父さん、お義母さん、また来まーす。