Search This Blog

Monday, 27 December 2010

Genoa Part 2/ ジェノヴァへ Part 2

We were luckier with weather this day- clear blue sky, though still very cold.
My husband and I set off for a walk in the Old Town, which is apparently the largest in Europe.
We came across this church by complete chance - San Siro.

From the outside, it looked rather plain.  However, inside was quite insane..
I don't know if "overdecorative" is the right word (well, obviously spell-check doesn't think so) here, but that was my impression.   


Anyway, we learned that this church was not an exception, as we went to another that looked quite similar, 
i.e. you almost cannot find a plain wall inside the church, that isn't gilded, or painted.


After a bit more sightseeing in the afternoon, we spotted a gelateria that was open.  I couldn't miss this opportunity.
I chose Fior di latte and caffe.  I liked the coffee gelato being light yet strong- not overly creamy, and very aromatic with strong coffee.  Divine.
I didn't regret a bit that it was 4c outside.


So, having had another item ticked off from my "to eat" list, but eager to tick of another, we headed towards the port to look for... farinata.  Farinata is a chickpea based pancake, which is a speciality of Genoa.

By the port, we saw this most amazing sunset.
However, sadly, the farinata place we were looking for was closed.


We had to walk back to the Old Town, and did manage to find one farinateria.  
So, here it is - our first ever farinata.  It had a surprisingly rich and complex flavour, that made us want to have a sip of crisp dry white wine.  We enjoyed it very much, even though we knew we were also having dinner in about two hours.





And then, off to dinner...
It was a nice Italian restaurant with a bit of French touch.  I was again lucky to have chosen an excellent dish, which was lobster spaghetti.
However, still being quite full from gelato and farinata, I had to have aid from my husband to finish the plate.


All in all, it was a nice trip - but we did not have enough time nor sun.
I do hope to come back another time, in another season!

*+*+*+*+*+

ジェノヴァ二日目です。
この日は、前日よりはずっと天気が良く、青空が見られました。相変わらず、気温はとても低かったのですが。
午前中は義理両親とは別行動にして、夫と二人で旧市街を歩きました。ジェノヴァの旧市街は、ヨーロッパでは最大なのだとか。
いくつか教会を覗いたのですが、そのうちのサン・シロという教会は、たまたま通りかかったので入ってみたのですが...

まあ、華美というか、豪華絢爛というか。
侘び・寂びの日本人からすると、過剰装飾もここまで行くか、という感じでした。


しかし、このあとで行ったいくつかの教会でも、似たような装飾が見られた(要するに、無地の壁が存在しない)ので、特別とか例外ということではないようでした。
ジェノヴァって、商業で栄えたリッチな街だったのでしたね。


午後にももう少し観光を続けました。
そして、念願のジェラテリア発見です!!
シーズンオフで、開いていないジェラテリアも多いので、見逃すわけには行きません。
フィオーレ・ディ・ラッテ(ミルク味ですね)とコーヒーを注文しました。
コーヒーが特に美味しかった^^
さっぱりとしながらしっかりと濃厚なコーヒーの苦みがきいていて、あっさりと食べてしまいました。


「ジェノヴァで食べたいものその2」を達成した私たちが次に向かったのは、旧港方面です。海辺に面した道に、ファリナータのお店があると聞いていたからです。
ファリナータというのは、ひよこ豆の粉で作ったクレープのようなもので、ニースにもソッカという似たものがあるそうです。

海辺に出たら、ちょうど夕焼けで空がきれいでした。
目当ての店は閉まっていましたが...


仕方なく、旧市街に引き返し、見つけたお店でとりあえずファリナータを購入。
← こんな感じのものでした。

思ったよりもずっとリッチな味で、オリーブオイルたっぷり。
外側はカリッとして、チーズが入っているかと思うような、濃厚な味わいです。
思わず、よく冷えた白ワインが欲しくなりました。

2時間後には夕食だね...と言いながら、平らげました。



そして、夕食。
ちょっとフレンチの要素のあるイタリアン、というお店でした。
こちらでは、ロブスターの手打ちパスタを頂きました。
とてもおいしかったのですが、やはり先ほどのファリナータがこたえてしまい、夫にだいぶ助けてもらって、やっとお皿を空にしたのでした。


そして、翌朝はもう出発です。

なかなか良い旅ではあったのですが、1日半では、やはり時間が足りませんでした。
まだまだ見たいものや、食べたいもの(笑)があったのですが...
今度はもっと良い季節に、もう一度行きたいと思います。

Sunday, 26 December 2010

Genoa Part 1/ ジェノヴァへ Part 1

The day after Christmas-

From where my husband's parents live, Italy is very close.  So the four of us crossed the border, and went to Genoa for a short trip.  It took about three hours by car.

Unfortunately Genoa was very cold, and also wet.  Walking through cold rain shower, we arrived at a restaurant near the Old Port, or Porto Antico, where I had my trofie al pesto Genovese.


I was surprised how bright green it was, and also that it was not just boiled pasta but there was also some cubed potato in the dish (high carb..).
I had a few things on my "to eat" list in Genoa.  One ticked off.

We couldn't do much that day, for it was a Sunday and also the day after Christmas, so not a lot was going on.


We walked around town, hoping to find something interesting - but were not very lucky.
At least the hotel we stayed was very nice, so we decided to go back and enjoy our afternoon coffee break by the big Christmas tree.


Finding a good restaurant for dinner that was open proved to be a trickier task than we thought.
In the end, we followed the recommendation of the receptionist lady, and went to a seafood restaurant.

I don't think everybody was happy with their choices (my husband had a small mountain of tiny deep-fried and bony sardines and nothing else), but I was one of the lucky ones - my shellfish pasta was excellent.









After the dinner, I had a strong desire to look for a gelateria that was open, even in the cold or rain.
However - decided to respect the desire of others - i.e. go back to the hotel & have some digestif...

*+*+*+*+*+

クリスマスの翌日。
夫の両親の住むところから、イタリアの国境はかなり近くです。ということで、4人で車でジェノヴァまで小旅行に行くことにしました。車で約3時間の道のりです。

到着したジェノヴァはあいにくの雨模様で、気温もかなり低めでした。
とりあえずお昼にすることにして、霧雨の中ポルト・アンティコ(旧港?)にあるレストランまで歩きました。
ここで、ジェノヴァに来たら食べたいと思っていた、ジェノヴェーゼのパスタを頂きました。


驚いたのは、この鮮やかな緑!(着色料??)さらには、ジャガイモが入っていることにもちょっとびっくり。炭水化物過多じゃないんだろうか。
とりあえず、「ジェノヴァで食べたいもの」その1は達成です。

食後、街中を歩きましたが、クリスマスの翌日で、さらに日曜日だということもあり、かなり静かでした。開いているお店もまばら。
天気にも恵まれず、この日は大した観光も出来ずに終わってしまいました。


幸いにして、泊まっていたホテルはなかなか良いところだったので、午後は早めに切り上げて、ラウンジでのんびりしてコーヒーを頂きました。
大きなクリスマスツリーもいい雰囲気でした。


さて、夕食。
開いているお店がとても少なく、探すのに苦労したのですが、レセプションの女性のすすめに従い、港近くのシーフード・レストランに行きました。

残念ながら、どのお料理もおいしかった...わけではなさそうです(夫のメインは、骨の多い、小さなイワシのフライ山盛りでした。しかも付け合わせ無しで、それだけ)。
が、ラッキーなことに、私の貝類のパスタは当たりでした。貝のダシがよく出ていて(日本的な表現だ)、とてもおいしく頂きました。







夕食のあと、私としてはイタリアに来たのだから、ジェラート屋さんに行きたい...と思ったのですが、そこは団体行動ゆえ、ぐっと我慢しました。
明日に期待。

Friday, 24 December 2010

Christmas in southern France/ 南仏のクリスマス

We went to southern France for Christmas, where my husband's parents live.
My mother-in-law came to pick us at Nice airport, and on the way home, she told us that this year she didn't put up the traditional Christmas tree, but something else.




And, this was her new contemporary Christmas tree, which I thought was very unique and stylish.


So, Christmas dinner -
Since half of the family comes from Denmark, Christmas here always has some Danish touches.  However, since they are now in France, it has some French elements too - so, for the Christmas eve dinner, we had oysters to start, and then duck as a main course.


Dessert was very Danish: ris à l'amandes.
It's a rice pudding made with cream, vanilla and sugar.  It is a typical Christmas dessert in Denmark, and is always served cold with warm cherry sauce.
Being Japanese, I am not used to having rice as a creamy dessert.. but I am actually fond of it.
As always, it was very nice...  Yummmmm


One of the many things I like about coming here is the fireplace - they always laugh because I love taking pictures of the fireplace (and almost never get a really good one), and also because I am often found standing by the fire, "roasting my backside"...


*+*+*+*+*+

年、明けてるんですけどね。

クリスマスには、義理両親の住む南仏に行きました。
空港に迎えに来てくれた義母が「今年はクリスマスツリーは飾らなかったけど、ちょっと別のことしてみたわー」と言うので、何かと思っていたら...



近くで拾った流木(というところがすごい)を大きな甕に入れ、デコレーションしていました。
なかなかモダンで素敵です。


そして、その晩のディナー。
義母方はデンマーク人のため、デンマーク風なのですが、ここはフランス...ということで、フランスの要素もあり、という内容です。

前菜は牡蠣、メインはデンマーク風に鴨を頂きました。


デザートもデンマーク風で、ライスプディングです。
冷たい、バニラ風味のライスプディングなのですが、熱いチェリーソースと一緒にサーブします。
ゴハンのデザートは、日本人にはちょっと...ということがありますが、私は結構好きです。


冬に義父母の家に来ると、楽しみなのが暖炉です。
私がいつも写真を撮っていると言って、みんなには笑われるのですが。

写真だけじゃなくて、その前でぼけーっとしたり、背中を向けてぬくぬくするのも大好きです。
おシリがあったかいのって、なんだか幸せだと思いませんか?
(私だけ??)


そのうち、ぬくぬくじゃなくて、ジリジリしてくるんですけどね。

Thursday, 23 December 2010

Brown's Christmas Afternoon Tea/ ブラウンズホテルのクリスマス・ティー

I have been to Brown's for afternoon tea several times, but I had never been to their Christmas afternoon tea.

So, here we are-


We were seated by the fireplace.  I love sitting by the fire, perhaps because it is something we seldom get to do in Japan.  It was very warm - in fact, a bit too hot..

To our surprise, two glasses of champagne were brought to our table.  The lady explained that they were offered by my friend Fabien, who is the head pastry chef at Brown's.  It was so sweet of him :)


And, around the time we finished our bubbly, the three tiered stand was brought in.

So, this is the Christmas Afternoon Tea, which is a bit different from the normal one.  To begin with, there was a turkey & cranberry sandwich!







Then, Fabien himself came around to say Hi, and he spent some time with us.


I took this opportunity to ask him some questions about the pastries.  So, the pastries are cranberry macaroon (far left), cloudberry mousse, lemon & ginger cupcake with Christmas tree frosting, chocolate tart, and orange and yoghurt mousse cake.
He told us proudly that Brown's perhaps is the only place that makes desserts using cloudberry, or knotberry, as it is also known in the UK.  My favourite was this mousse.  I like cloudberry very much, which is much more common in Nordic countries.


Even the scones were a Christmas edition - we had plain ones, cranberry & orange, and delicately made mince pies.

I liked the orange & cranberry scone very much.  As I remembered, these scones had the melt-in-your-mouth texture.


I was showing the bottom of the scones to my husband, explaining "You see, this is how they do scones here - white bottom!" - he told me that I was a Scone geek.  I take this as a compliment.

When you think you have finally won the delicious battle against the heap of food, comes the trolley, carrying the famous Christmas cake.


Fabien had been telling me that he bakes tons of Christmas cakes in January every year, and then every month, he and his team take them out and soak with brandy.  I was looking forward to trying it.  It was very rich and very tasty.  
And, I was quite happy that this was the end of our indulgent afternoon tea...

We were even given a goody bag to take back home, and we found two Santa Claus gingerbread men in it.


My god..  how am I supposed to eat this happy looking fellow????  Agony...

* + * + * + * + * +

ブラウンズ・ホテルのアフタヌーン・ティーには、今までに何度か行ったことがあるのですが、こちらの、クリスマス・アフタヌーン・ティーには行ったことがありませんでした。

ということで、今年初めて、クリスマスのお茶を頂きに行ってきました。


案内されたテーブルは、暖炉の前。
ちょっと暑かったけれど、雰囲気は満点です。

そして、席に着くと、「ファビアンからです」とシャンペンが運ばれました。ファビアンは、ブラウンズのヘッド・パティシエを務めている友人です。ありがとう^^
おいしいシャンペンでした(ますます暑くなってしまいましたが)。


シャンペンを飲み終わるころ、三段のスタンドが運ばれてきました。

クリスマス仕様です。













間もなくして、ファビアン自身が顔を出しに来てくれたので、ケーキのことをいろいろと訊きました。


左上から時計周りに、クランベリーのマカロン(クランベリーはクリスマスにつきもです)、ホロムイイチゴのムース、レモン&ジンジャーのカップケーキ、チョコレートのタルト、オレンジとヨーグルトのケーキだそうです。
明かりがやや暗めで、あまり綺麗な写真が撮れなかったのが残念。
ホロムイイチゴは、私はクラウドベリーという名前で知っていましたが、イギリスでは knotberry とか knoutberry ともいうそうです。「ロンドンでこのベリーを使ったお菓子を作っているのは、ブラウンズだけかな」とファビアンがちょっと誇らしげに言ってました。
北欧ではポピュラーなベリーで、スウェーデンなどでよくジャムにます。
このムースも、とっても美味しかった。


スコーンもクリスマスには特別なものを焼いています。
プレーンのものと、クランベリー&オレンジのものと。そして、可愛らしいサイズのミンスパイも付いてきました。ミンスパイはたっぷりのドライフルーツとピールを使ったミニタルトで、イギリスのクリスマスには欠かせないものです。

私はスコーンの底の部分を夫に見せ、「ほら、底が白いでしょ!これがブラウンズのスコーンよ」と。

夫はひと言、「スコーンオタクだね...」。

しっとり、ふんわりのおいしいスコーンでした。

ようやく全て食べ終わった...
と、思う頃にやってくるのが、クリスマスケーキをのせたワゴンです。


このクリスマスケーキについては、ファビアンから何度も話を聞いていて、食べたいなーと思っていました。
なんと、1月に大量に焼き上げて、その後毎月ブランデーを一つ一つのケーキにふりかけながら、一年近くかけて熟成させたというものです。
どっしりとリッチな生地で、美味しいフルーツケーキでした。

もちろん、その晩の夕飯は抜きです。

ファビからはお土産をもらって帰ったのですが、家に帰って開けてみたら...サンタクロースのジンジャーブレッドが登場しました。


こんな愛敬たっぷりのサンタさんなんて...食べられるわけないじゃん...(涙)

Wednesday, 22 December 2010

Pumpkin Muffin/ かぼちゃのマフィン

Finally, I got around to bake some pumpkin muffins! 


I made some pumpkin purée with a bit of butter, sugar and cinnamon, and placed this on the top of the muffin dough, and sprinkled some brown sugar crumble topping and pumpkin seeds.

As I wrote at the beginning of this year, I have been trying several different recipes for making muffins.  I concluded that I prefer using melted butter and not vegetable oil, and not to cream the butter but rather fold in melted butter. 

The best way to enjoy muffins is to eat fresh from the oven, warm.  However, you can also freeze them.  You should defrost at room temperature, and then re-heat in the oven for about 5min at 170c.  These make a lovely weekend brunch!

*⁺ *⁺ *⁺ *⁺ *⁺

なんとか、旬が終わる前にかぼちゃのマフィンを焼くことができました。


かぼちゃをつぶして、バター、砂糖、シナモン少々を混ぜて練り上げたものを、マフィンの生地に大匙1くらいずつのせます。その上から、ブラウンシュガーのクランブルとかぼちゃの種を散らして焼きました。

今年初めに書いたとおり、だいぶいろいろなマフィンのレシピを試しましたが、私はサラダオイルよりもバターを使ったもののほうが好きです。
個人的な好みだと思いますが。

マフィンはもちろん焼きたて、あったかいうちに食べるのが一番おいしいのですが、私はよく冷凍してしまいます。室温で解凍し、170度に予熱したオーブンで5分ほど焼くと、出来たてに近いおいしさが楽しめます。
朝起きてから焼くと、結構待たせることになるので...。