Search This Blog

Friday, 24 December 2010

Christmas in southern France/ 南仏のクリスマス

We went to southern France for Christmas, where my husband's parents live.
My mother-in-law came to pick us at Nice airport, and on the way home, she told us that this year she didn't put up the traditional Christmas tree, but something else.




And, this was her new contemporary Christmas tree, which I thought was very unique and stylish.


So, Christmas dinner -
Since half of the family comes from Denmark, Christmas here always has some Danish touches.  However, since they are now in France, it has some French elements too - so, for the Christmas eve dinner, we had oysters to start, and then duck as a main course.


Dessert was very Danish: ris à l'amandes.
It's a rice pudding made with cream, vanilla and sugar.  It is a typical Christmas dessert in Denmark, and is always served cold with warm cherry sauce.
Being Japanese, I am not used to having rice as a creamy dessert.. but I am actually fond of it.
As always, it was very nice...  Yummmmm


One of the many things I like about coming here is the fireplace - they always laugh because I love taking pictures of the fireplace (and almost never get a really good one), and also because I am often found standing by the fire, "roasting my backside"...


*+*+*+*+*+

年、明けてるんですけどね。

クリスマスには、義理両親の住む南仏に行きました。
空港に迎えに来てくれた義母が「今年はクリスマスツリーは飾らなかったけど、ちょっと別のことしてみたわー」と言うので、何かと思っていたら...



近くで拾った流木(というところがすごい)を大きな甕に入れ、デコレーションしていました。
なかなかモダンで素敵です。


そして、その晩のディナー。
義母方はデンマーク人のため、デンマーク風なのですが、ここはフランス...ということで、フランスの要素もあり、という内容です。

前菜は牡蠣、メインはデンマーク風に鴨を頂きました。


デザートもデンマーク風で、ライスプディングです。
冷たい、バニラ風味のライスプディングなのですが、熱いチェリーソースと一緒にサーブします。
ゴハンのデザートは、日本人にはちょっと...ということがありますが、私は結構好きです。


冬に義父母の家に来ると、楽しみなのが暖炉です。
私がいつも写真を撮っていると言って、みんなには笑われるのですが。

写真だけじゃなくて、その前でぼけーっとしたり、背中を向けてぬくぬくするのも大好きです。
おシリがあったかいのって、なんだか幸せだと思いませんか?
(私だけ??)


そのうち、ぬくぬくじゃなくて、ジリジリしてくるんですけどね。

No comments:

Post a Comment