Search This Blog

Thursday, 10 February 2011

Event & tea at Sketch/ Sketch でのイベント

Today my friend Momo and I went to a pastry related event, which was held at Sketch.  It was a launch event for a company called PCB (organised by Classic Fine Foods & partnership? with Valrhona), which produces all sorts of ready-made pastry "parts".  They were very creative, almost wacky, and some very beautiful.  Please visit the Pastry Network Website to see all the photos I have taken at the event.


After an exciting browse in the event area where there is normally a restaurant, we went to The Parlour to have tea and cake.  Being a big chestnut lover, I ordered a mont blanc, and Momo ordered some petit fours.



This is what was brought to her.


Nice.  Dainty.

This is what I got.


A bomb.

The base was a biscuit, then a meringue half-dome filled with cream and blackberry (I think) jelly, and topped with piped out chestnut cream.  It was not bad - I did enjoy the harmony of light meringue and chestnut, but...  it simply was too much.

This basically was our lunch.  But when I arrived home, I was feeling slightly sick from the sugar and cream I had taken.  Until dinner time, I carried on drinking Japanese hoji-cha, hoping that it would cleanse my body.

In Japan, we say "too much is as bad as not enough"... I reminded that this saying was so true.

。O  。O  。O  。O 。

今日は、パティシエである友人のMomo と一緒に、お菓子のイベントに行ってきました。会場はSketch
イベントは、PCB という会社のイギリス進出に際してのもので、Classic Fine Foods とヴァローナも携わっていました。
PCB は、実にさまざまなお菓子の「パーツ」ともいうべきものを作っています。食べものとは信じられないようなものも多く、斬新なアイディアが一杯でした。興味のある人は、会場の写真をアップしてあるので、Pastry Network のサイトをご覧ください。


会場を見学したあと、Sketch の中にあるパーラーというティールームに行きました。こちらのケーキは、定評があります。
Momo はプチ・フール2種を選び、私は栗が大好きなので、モンブランを頼むことにしました。



こちらが、Momo のカヌレとマドレーヌ。


上品な大きさです。

そして、これが私の。


爆弾??

ベースはサブレで、メレンゲの半球の中身はクリームとブラック・ベリー(たぶん)のジュレ、その上にマロン・クリームが山盛りになっていました。
美味しくはあったけれど、なんといっても大きすぎました。

これはお茶というよりはお昼の代わりだったのですが、ほんとにお腹一杯になりました...というか、そのあとで胸焼けしてしまいました。クリームと砂糖の摂取過多。
家に戻ってから、(なぜか)梅昆布茶とほうじ茶を何杯も飲んでしまいました。これで、脂肪を分解してくれないかなぁ。

「過ぎたるは及ばざるが如し」とは、よく言ったものだと感じ入った午後でした...

Wednesday, 9 February 2011

Marmalade Pudding/ マーマレードのプディング

I need to consume more marmalade.  I still have about seven jars of home-made marmalade (and three jars of plum jam too).

So, Project Marmalade No. 2.
I came across this recipe while I was browsing the web: Lord Randall's Pudding.  As it asked for 150g of marmalade, I decided to give it a go.

After one hour and 40 minutes of steaming, what I got was this.  Thank god puddings are served upside down.


I had marmalade and whole dried apricots (the two key ingredients for this pudding) on the bottom of pudding basin, so was hoping to see a nice glossy sunshine-colour on the top when I turn out the pudding.


...Well, the bottom didn't look much prettier than the bottom, I'm afraid.  But, let's face it, puddings are never eaten for their aesthetic qualities, but for their taste (I believe).

I served it with some home-made custard.  It was very moist, and quite sweet.  My recommendation would be to reduce the sugar by at least 30g.
Apricots added nice texture and a fruity flavour, and so did my chunky marmalade.  I am more a fan of thin-cut marmalade when eating it with toast, but for this pudding a thick-cut one would be more suitable.


Thanks to Wikipedia, I learned that "Lord Randall" is the title of a ballad.
However, the reason why this pudding was named after him still remains a mystery...

。O 。O 。O 。O 。O 。O 。

我が家のキッチンにはまだ約7個もマーマレードの瓶が並んでいます(そして、戸棚の奥にはプラムのジャムも3個…)。何とかして消費せねばなりません。

ということで、マーマレード・プロジェクト第二弾です。
ウェブで、「ランドール爵のプディング (Lord Randall's Pudding)」というプディングのレシピを見つけました。これを一つ作れば、150g ものマーマレードが消費出来ます。これはいい ♪

イギリスのプディングと呼ばれるデザートは、オーブンで焼くものと、鍋で蒸すものとがあります。こちらは後者。お鍋から取り出して、ホイルのカバーを外したら…



哀れ、クレーター状態(涙)。こっちがてっぺんでなくて良かった。
プディング型をひっくり返して、中身を出しました。型の底にはマーマレードとアプリコットを敷いてあるので、つやつやとしたオレンジ色に輝くプディングとなることを期待していたのですが…

…やっぱり、あんまり器量よしじゃない。
まあ、イギリスのプディングって、見かけで勝負するものじゃないですけれど。

もろもろと崩れるプディングを、切るというよりは大きなスプーンですくって、カスタードソースとともにサーブします。
甘い。
そして、どっちり(どっしり+むっちり)とした食感。
砂糖は、30gは減らしてよいと思いました。



でも、アプリコットの食感とマーマレードのオレンジの香りはなかなかでした。
おいしいことはおいしいのだけど…でも…甘かった。


ウィキペディアのおかげで、Lord Randall というのは詩のタイトルであることが分かりました。
が、なぜこのプディングにその名前がつけられたのかということは、依然、謎のままです…。

Saturday, 5 February 2011

Little India in London/ ロンドンのリトル・インディア

We made a little excursion today - though it was still within London (wherever we need to take an overground train it is considered an "excursion").  Well, when we arrived at the destination, it made me wonder if we were really in London..


So, Southall, or Little India.
We have once been to India to attend our good friends' wedding, and had a really interesting, great experience.  We have always wanted to go back again, but it's quite far - so we decided to try our nearest India.

In Southall, you can have a pint or two and pay with Rupees..


and buy beautiful saris...





..and sip a cup of Kashmiri Tea! (missed the opportunity to taste it though)


Well, our main objective coming here was the food.
We saw a video about a restaurant called Rita's, and wanted to try their Pani Puri, a typical Indian snack.  
It's a hollow pastry that you make a hole in the top of and fill with tamarind + chick pea and jaljeera water (spicy liquid..).  Then you pop the whole thing in your mouth.


In the video, the maestro pani puri maker says "Pani puri tastes like your first kiss".
I'm not sure if anyone's first kiss is tangy and spicy, but anyway, it was yummy.

On our way back to the station, we came across some stalls selling deep-fried sweets called jalebi.
I loved watching this sweet being made.  You pipe out a strand of dough into hot oil, creating a beautiful scroll.  Once it's golden in colour, it is dipped in a syrup, and dried.



We bought a couple (we saw a man buying loads before us) to try.  It was crunchy, and the hollow "tube" was oozing with sweet syrup.  Unfortunately we couldn't finish them - a bit too sweet for us, though it tasted good.




Our journey from home to Southall took more than an hour.  It may be a rather long journey just to fetch some snacks..  But, we concluded that it was worth it, and surely the trip was closer, shorter and cheaper than flying to Mumbai.

。O 。O 。O 。O 。O 。

この日は小旅行をしてきました。と言っても、ロンドン内ですが(地下鉄ではなく、地上を走る列車に乗ると「旅行」って気になるので...)。

到着駅の看板。インドの香りがします。



このSouthall という、ロンドン中心部からかなり東に行ったエリアは、インド系の人たちが多く住む場所で、別名リトル・インディアとも言われているのだとか。
私たちは以前、友人の結婚式のためにインドに行ったことがあるのですが、とても刺激的な旅行で、ずっとまた行ってみたいと思っていました。
しかし、そうすぐ行かれる国でもないので、「手近にあるインド」に行くことにしたわけでした。

この街に来れば、パブではインドルピーを払ってビールが飲めますし、


花嫁さんの着そうな美しいサリーも買えますし、





カシミールのお茶だって飲めてしまうのです。
(どんな味か知りませんが...)

インドモード全開です。



私たちの目的は、例によって食べ物でした。
インドはストリートフードがいろいろとあるのですが、そのひとつである Pani Puri を作るビデオを数週間前に見て、その Rita's というお店行ってみたいね、と話していたのです。
パニ・プーリというのは、中が空洞のUFOのような形の揚げた皮、ヒヨコ豆とタマリンドペーストを混ぜたもの、ジャリーラ・ウォーター(スパイシーな液体)から成るスナックです。
皮のてっぺんにスプーンで穴をあけ、ヒヨコ豆とジャリーラ・ウォーターを注いで、ひと口で食べます。


香ばしい皮、タマリンドの酸味、ぽくぽくとしたヒヨコ豆の食感、ジャリーラ・ウォーターのスパイスがあいまって、なんとも言えない複雑な味わいと食感が楽しめます。
食べ過ぎると、あとで揚げ油が胃にもたれるのですが...。

上記のビデオで、パ二・プーリ作りの名人であるというおじちゃんは、「パニ・プーリは初めてのキスの味さ」などと言ってました。
インドの人にとっては、初恋とか初キスって「甘酸っぱい」「ほろ苦い」のでなく、「酸っぱくてスパイシー」なのでしょうか。インドらしいと言えば、そうなのかもしれない...。

店を出て駅に戻る途中、ジャレービという揚げ菓子を作るスタンドがいくつかあったので、作っているところを見せてもらいました。
布の袋に生地を入れ、油の中にらせんを描きながら絞りだしてゆくのが見事でした。黄金色に揚がったら、取り出して濃厚なシロップに漬けこみ、乾かします(長い一列で一個ぶん)。


写真たくさん撮らせてもらったしね、と2つ買いました。
カリッとしていて、かりんとうみたいです。中は空洞で、シロップがあふれ出てきました。
残念ながら、私たちにはやや甘過ぎて、完食には至らず...。おいしかったんですけどね。
(大量に買っていく人がいました。一人で全部食べるんだったらすごい!!)




Southall までは、家から片道1時間以上。
たかがオヤツのために...という気はしますが、それでもムンバイに飛ぶよりは近いですもんね。ちょっとインド気分の味わえた週末でした。

Thursday, 3 February 2011

Marmalade sablée/ マーマレードサブレ


I have been quite crazy about marmalade making lately, as now is the season for Seville oranges.  Before I realised, my kitchen was full of marmalade jars...
In order to consume part of the stock (while also eating with toast and with yoghurt), I decided to bake some marmalade sablée.

Here's the recipe.

Ingredients(makes about 25):
Unsalted butter, room temperature  100g
Grated rind of one orange (organic or non-waxed)
Sugar  30g
Marmalade  30g  (chop the orange peel if too chunky)
Egg yolk  1
Soft flour 180g
Baking Powder  1/4 teaspoon
Salt  a pinch

1.  Cream the butter using a whisk, and add grated orange rind and sugar in three inclusions.  Mix well.
2.  When the butter is light and fluffy, add the marmalade and mix well.  Follow with the egg yolk.
3.  Mix the dry ingredients and sieve them together.  Using a wooden or rubber spatula, fold in the dry mixture to the butter in three inclusions.  Don't over mix.  Scrape the side, so that you have all the flour mixed into the dough.
4.  Now using your hand, bring it together to form a ball that is even in consistency.  Form two cylinders or square bars, wrap in a cling film and rest in fridge for 1 hour (alternatively you can keep this in a freezer to bake at your convenience).
5.  Heat the oven to 170c.  Take out the dough, and roll it in granulated sugar to coat the side.  Cut the dough in 4mm slices, and arrange them on a baking tray.

6.  Bake in the oven for 8 minutes, take the tray out, turn and put it back in the oven (to bake evenly).  Bake for a further 8 minutes or until slightly golden brown around the edge.
7.  Take the sablées out and cool them on a wire rack.  Keep them in an air-tight container, and eat within 5 days.

You may think they lack a bit of sweetness, but I like it this way.  I don't want to have a cookie that I feel, "Oh, one is enough!", but rather want to feel "Hmmm, I want some more".

Along with rhubarb recipes, I am looking for more ways to consume marmalade.. (as this recipe uses only two tablespoonfuls!)
Again, any ideas??


。0 。0 。0 。0 。0 。


このところしばらく、マーマレード作りに熱中していました。ほんの数週間しか出回らない、セヴィル(セヴィリア)・マーマレードが旬だからです。
そして、気づいたらキッチンはマーマレードのビンで一杯…。
というわけで、マーマレード消費のために何か作ろうと思い、マーマレードを使ったサブレを焼きました。

作り方です。

材料(約25枚分): 
無塩バター(室温で)100g
オレンジ1個分の皮のすりおろし(できれば無農薬)
グラニュー糖  30g
マーマレード(皮が大き目・長めのものは刻む) 30g
卵黄 1個分
薄力粉  180g
ベーキングパウダー 小さじ1/4
塩 一つまみ

1.バターを泡立て器で軽く混ぜ、オレンジの皮、砂糖を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
2.バターが軽く、白っぽくなったら、マーマレードを加えて混ぜる。同様に卵黄も加えて混ぜる。
3.粉類を一緒にしてふるい、泡立て器から木べら、または固めのゴムべらに持ち替えて、粉類を三回に分けて加え、切るように混ぜる。混ぜ過ぎないように注意。
4.手で生地をひとまとめにする。粉っぽい部分がなく、全体が滑らかなようであれば出来上がり。生地を二つに分け、四角または丸い棒状にまとめる。ラップをして、冷蔵庫で最低1時間寝かせる(この状態で、冷凍庫で保存も可能)。の
5.オーブンを170度に温める。生地を取り出し、グラニュー糖を押しつけるようにしてまぶす。4mm ほどの厚さにスライスして、トレイに並べる。

6. オーブンで8分焼いたら一度取り出し、トレイの向きを変えて(均一に焼きあげるため)再度8分焼く。ふちが薄めのキツネ色になったら焼き上がり。
7.  サブレを取り出し、網などの上で冷ます。密閉容器などに入れて保存のこと。5日以内に食べきったほうがいい。


甘みは控え目ですが、足りないとは思いません。
一枚食べたらもういい、というよりは、もう一枚…とつい手が出てしまうくらいの甘さです^^


それにしても…もっとマーマレードを消費せねば。
ルバーブレシピも求めているところですが、マーマレードレシピも何かないものでしょうか?