Search This Blog

Saturday, 30 April 2011

The Basque Tour: Sweet Temptation/

There was one thing I really wanted to try in Basque country (apart from pinxos) - Gateau Basque.


Gateau Basque is a tart (well, kind of), encasing either pastry cream or cherry jam, and then the top closed with another layer of pastry dough.  I had never had one - was saving it for the real thing :)

So, these were the two I bought in Bayonne.
I preferred the cherry one - though it was a small version (12cm?), it can be quite filling.  So the tang of cherry worked nicer than the sweetness of the cream.

In case you are wondering, this was our breakfast.  I didn't have the courage to demolish this between our extravagant pinxos meals.




This was my third time to visit Spain, and finally I managed to taste something I missed during my two previous visits: churros and chocolate!


My understanding was that this was a traditional breakfast.  So I was wondering if we were breaking the local rules to have them as an afternoon treat.
I guess we didn't, as most of the tables had the same thing.
We loved dipping the hot, freshly made churros into the thick hot chocolate.  Yummm...


Spaniards must like hot, sweet drinks.  We saw something called "cafe bonbon" in many cafes, and were wondering what it was.  We ordered it out of curiosity - and it turned out to be half espresso-half condensed milk.


It was good (who would dislike condensed milk with coffee??), but very sweet (and note that it was even served with a sachet of sugar).  I don't want to think how many calories or how much sugar was in this small cup.

We had this on the final night, and it was a good finale to strengthen our resolution to go on a diet as soon as we arrived London.

>=>=>=>=>=>

バスク地方で、ピンチョスのほかに私がとっても食べたかったものがあります。
それは、ガトー・バスクというお菓子です。



ガトー・バスクというのは、タルトのようなもので、カスタードクリーム、またはサクランボのジャムを中に詰めて、上にもタルト生地をかぶせて焼いたものです。巨大なガレット・ブルトンヌのをかじったら中にクリーム/ジャムが入っていた...という感じでしょうか。

写真の二つが、バイヨンヌで買ったミニサイズのガトー・バスクです。
私にとっては初ガトー・バスク♪
どちらかといえばサクランボのほうが好みでした。
一個食べるとなると(小型でも)結構なボリュームなので、ジャムのほうがさっぱりとして食べやすかったためです。
でも、どっちもおいしかった^^

念のため書いておきますが、これは朝ゴハンです。
ピンチョスの合間に食べるもんじゃありません。


今回の旅行が、私にとっては通算3度目のスペインだったのですが、三度目の正直でようやく食べることの出来たのが、チュロスとホットチョコレート(ココア)でした。


お店に入ったのは午後4時頃。
これは朝食に食べるものだと聞いていたので、おやつの時間に食べちゃいけないのかと思ったのですが、ほとんどのお客さんが同じものを頼んでいました。
チョコレートソースみたいに濃厚なココアに、あつあつの、カリッと揚がったチュロスをディップしながら頂きます。おいしーい♪


このホットチョコレートと言い、スペイン人はどうやら甘いあったかい飲物が好きらしい。
カフェでよく、「カフェ・ボンボン」というものを見かけたので、何か知らず、試しに頼んでみました。
それは...エスプレッソとコンデンスミルクが半々になったものでした。


コンデンスミルク半分って、かなりの量です(笑)糖分、カロリー、どれほどのものかあまり考えたくありません...(しかも、砂糖が付いてきた)

これを飲んだのは、今回の旅行の最後の晩のことでした。
ロンドンに帰ったらダイエット!! の思いをさらに強めたのは、言うまでもありません。

Friday, 29 April 2011

The Basque Tour: PINXOS / バスク名物 ピンチョス



San Sebastian is known as a "Gastronomic Capital", and there are many Michelin star restaurants in the city and around the area.


However, we were not after Michelin-starred restaurants on this trip, but PINXOS.


Pinxos are (kind of) open-faced sandwiches fixed with cocktail picks.  They tend to be simple but one bar can have 20 different types of pinxos, and they are all terribly yummy.


This is one of our favourites - blood sausage with a sunny-side up.
It is so cute and even arty- we saw many quail's eggs used for pinxos, and I think it is a great idea.

Sometimes you get ones without the bread underneath (but on the side).  
A tortilla... no explanation required, I guess..
By the way, I didn't stab the fork.  It came like this.  Edgy.


I love sardines and anchovies.  I think whenever we found a new type of pinxos with anchovies, we couldn't resist it (and I lost count of them).

We hopped from one pinxos bar to another, hoping to find something new each time.
And, we came across this pinxos bar in Bilbao.


Almost all the pinxos they had were with cheese!!!  What a fabulous idea.
This one is with a huge chunk of parmesan cheese, a drizzle of acacia honey and pepper.
Divine.









I wish I could show all the photos, but that will just make you hungry, envious, and then finally want to kill me for having been there while you were not.
So, I'll stop here...

=<=<=<=<


サン・セバスチャンというと、ミシュランの星を獲得したレストランがいくつもあることで有名です。しかし、今回の私たちの目当てはピンチョスでした。

「ピンチョス」というのはバスク地方の料理?で、カナッペのようなものです。切ったバゲットにいろいろなものを乗っけて爪楊枝で刺してあり、通常バーのようなお店で立って食べます。
それぞれはシンプルだけれど、とっても美味しい!
ひとつのお店で、20種類ほどのピンチョスが並んでいることも珍しくありません。

← これは、血のソーセージの上に、ウズラの目玉焼きがのったもの。
美しい。
芸術的なセンスすら感じさせる一品です。

こちらはスペイン風オムレツ。パンは添えられて出てきます。
フォークがつっ立って出てきました。私がぶっ刺したのではありません。念のため。


私はイワシの類が大好きで、アンチョビのピンチョスがあると、ついつい手が出てしまいます。
いくつ食べたかなぁ。どれも美味でした♪


サン・セバスチャンでもビルバオでも、何軒ものピンチョス・バーをハシゴしました。どこでも似たような感じでありながら、ちょっと目新しいものが並んでいたりします。

ビルバオで見つけたあるお店では、なんとほとんどのピンチョスにチーズが使ってありました。
素晴らしい。
こちらは、贅沢に厚切りにしたパルメザン・チーズに、アカシア蜂蜜とコショウというもの。
美味しかった~。










他にもムール貝や生ハムなどいろいろあり、3日間にわたってピンチョスを楽しみました。
食べたピンチョスの写真を全部アップロードしたくなりますが...顰蹙買いそうなのでやめておきます...。

Thursday, 28 April 2011

The Basque Tour: The Cities/ バスク地方へ



There was a wedding in New York, and there was another wedding in London:
Wills and Kate.
Since we were not invited, we decided to take advantage of the four-days off and went to the Basque region.

Our first destination was San Sebastian, where we drove to from Bilbao.


Of course its gastronomic offering is the biggest attraction (at least for us), but even beside that I can see why this place could  be a charming destination for holiday makers.

On the 2nd day, we drove up to Bayonne.  Bayonne was another charming town.  People seemed relaxed and calm, and were more friendly than in big cities in France.  You know where I am talking about.


It was a quick day-trip, but I felt like I could spend more time there.  

I especially liked the cloister at the Cathedral, and spent a long time taking the photos.

We also watched the Royal Wedding on TV here..

After visiting San Sebastian and Bayonne, we went back to Bilbao.  Apparently Bilbao was not really a Destination (with a capital D) until they built the Guggenheim.


The outside of the building is made of titanium plates.  Our first sight of the museum was in the glow of the setting sun, and it was an extraordinary view.  Unfortunately we were driving into the city, and there was no way that we could stop the car and take a photo.  Shame.
I confess that we only saw the museum from the outside, and not the exhibition inside - as we heard that the best "art" here was the building itself (and perhaps the giant flowery puppy).

So, these were the sights that we saw on the trip.
When I go through the photos I took, it is quite obvious that the trip was more an eating trip than a sight seeing trip.
I don't know why this is not a surprise to me- and perhaps is not to my family, or to my friends..






^=^=^=^=^=^



さて、ニューヨークでの義弟の結婚式のほか、ロンドンでも結婚式がありました。
ロイヤル・ウェディングです。
私たちはこちらの式は招かれていませんでしたし(笑)、市内ではどんちゃん騒ぎになりそうだったので、逃亡計画を企てました。
格安航空券を物色した結果、バスク地方に行くことに。

まずはスペイン北東部にある街、ビルバオに飛び、そこからレンタカーで近郊のサン・セバスチャンへ向かいました。


サン・セバスチャンは食の都として名高いのですが、綺麗な浜辺もあり、なかなか雰囲気の良い街でした。
フランスからのバカンス客が多いのだとか。
ここでまず一泊しました。

翌日は車で、今度は国境を越えてフランスのバイヨンヌへ。
バイヨンヌは、なんだか落ち着いた感じのする街でした。人々がゆったりしているというか、時間がゆっくり流れているというか。


ここでは、大聖堂の廻廊でだいぶ時間を過ごしました。
廻廊大好き~。たくさん写真撮っちゃいました。

今回は日帰り小旅行だったけれど、またゆっくり行ってみたい街です。のんびり出来そう。



この日はバイヨンヌからビルバオに戻り、夜はビルバオ泊。
3日目はビルバオ観光です。
この街はこのグッゲンハイム美術館で有名ですが、この美術館が出来るまでは、観光で訪れる人は稀だったのだそうです。


この美術館の外壁はチタンのプレートで覆われており、時間によって(太陽の位置や光によって)色が変わって見える、というもの。
前日、ビルバオ市内に入ってきたのがちょうど夕暮れ時でした。夕焼けの光の中でみた美術館はとてもきれいでした。


グッゲンハイムの最高のアートはこの建築だ、っていうので..

...中は見ませんでした...。

建物外観と周辺のオブジェと、正面の花のワンちゃん(↓)見たからいいや、と。
以上が、今回訪れた3つの街の様子です。
写真を見返すと、我ながら呆れるほど食べ物の写真ばっかり。
はっきりと自分の興味が現れますね...

というわけで、次回、食の記録に続きます^^








Saturday, 23 April 2011

New York part 2 - Buildings/ ニューヨーク part 2 - 建築

I know I have a tendency to look up while walking.  I think I did this even more while I was in New York.  There are so many Art Deco style buildings, and they are so interesting to see.


Not sure what this one is..

Fuller Building.


Empire State building (though not Art Deco).


















..and, Chrysler Building.


Even when I was inside a building, I would still look up - especially in a place like Grand Central Station.  I thought the constellations on the ceiling quite wacky - in a good way.


Well, I know that I took a risk looking up all the time.  New Yorkers are always rushed and in a hurry, and can't stand those who don't move as quickly as they do.  They won't smile at you and think, "ah, tourist, ok".
I think I was shoved more than a couple of times.  Oh well.

>->->->->->



私はよく、上を見ながら歩いています(何かをふんづけそうになることも度々)。
NYでは、いつもよりももっとよく上を見ながら歩いていた気がします。アール・デコ様式の建物に目を奪われっぱなしだったもので。




この建物は...分からん。
こちらはフラー・ビルディング。


エンパイヤー・ステート・ビルディング(アール・デコではありませんが)。



















..そして、クライスラー・ビルディング。


外でなく、建物の中でも思わず上を見上げてしまいます。
このグランド・セントラル・ステーションでは、天井に星座が描かれていました。
駅構内に星座、ねぇ。ちょっと不思議な感覚...


立ち止まって写真を撮っていると、パリあたりでは「あぁ、観光客ねー」と(多少呆れながらも)、温かく見守って?くれる気がするのですが、ニューヨーカーはあからさまに押しのけていきます。
できるだけ配慮したつもりでも、もしかしたら邪魔なところに立って、上を見上げてたのかもしれませんけれど。

というわけで、かなり必死の覚悟での撮影でした...。

Friday, 22 April 2011

New York Part 1 - size matters/ 質より量...?


We went to New York over the Easter weekend.  My husband's brother was getting married.
Since I stay away from showing any personal photos on this blog, I won't be writing much about the wedding here.  Instead, well, yes, I will write about food.

We arrived around 13:30 at our hotel in NY.  So, the first thing we had to do was - of course, go for lunch.  We found a bagel shop nearby, so popped in, and ordered the most simple, cream cheese bagel.  You can't go wrong with this kind of stuff, right?
It was good - but it was so huge that I could barely finish half of it.

I think it was nearly as big as my face.


On the third day of our stay, we stopped at Bouchon Bakery for a tea break.  I had a oatmeal & raisin cookie.  It was, again, gigantic.  
You see that the cookie is bigger than the cup?


..And, you can't say you've had an American culinary experience without going to a diner.  So we did on the last day, and had some traditional breakfast - pancakes with bacon.

I was completely defeated - from a stack of three pancakes, I only managed to eat 1 and 1/8.


If so many Americans are having problem with obesity, ... I think I know why...








>->->->->



4月下旬、こちらのイースター休暇の週末に、ニューヨークに行ってきました。夫の弟の結婚式に出席するためです。
このブログでは、個人写真を載せていないので、結婚式のことは割愛します...代わりに...毎度ながら食べ物のことを。

ホテルに到着したのは、現地時間のお昼過ぎ。
ということで、さっそく腹ごしらえをしに出かけました。やっぱりNYに来たら...ということで、近くにあったベーグル屋さんに入りました。
最もシンプルなクリームチーズのものを頼んだのですが、その巨大なこと。半分食べるのがやっとでした。
大きさは、私の顔くらいあったでしょうか...。





3日目のティータイムに寄ったお店でも、巨大なクッキーに出会いました。
オートミール&レーズンのクッキーだったのですが、カップよりも大きい!!そのうえ甘い。
思わず半分だけ食べて、残りはテイクアウトさせてもらいました。



そして、アメリカといえばダイナー。アメリカ版定食屋、とでもいった位置づけでしょうか。
別に高級でもなんでもない(し、必ずしも美味しくはない)のですが、アメリカの庶民の食事が味わえます。
そこでホテルの近くのダイナーに行き、アメリカらしくパンケーキの朝食をとることしました。せっかくなので、ベーコンも。

登場したのはこれ。

直径22cmくらい、3枚重ね。
完全にノックアウトされました。
私がなんとか食べられたのは1枚と1/8ほどでした。
出て来たメープルシロップが「メープルシロップシロップ」だったのも結構悲しかった。


アメリカ人の多くが肥満で悩んでいるとか。
ひとこと言わせていただきたい。

「当たり前でしょっ!!!」