Search This Blog

Friday, 22 April 2011

New York Part 1 - size matters/ 質より量...?


We went to New York over the Easter weekend.  My husband's brother was getting married.
Since I stay away from showing any personal photos on this blog, I won't be writing much about the wedding here.  Instead, well, yes, I will write about food.

We arrived around 13:30 at our hotel in NY.  So, the first thing we had to do was - of course, go for lunch.  We found a bagel shop nearby, so popped in, and ordered the most simple, cream cheese bagel.  You can't go wrong with this kind of stuff, right?
It was good - but it was so huge that I could barely finish half of it.

I think it was nearly as big as my face.


On the third day of our stay, we stopped at Bouchon Bakery for a tea break.  I had a oatmeal & raisin cookie.  It was, again, gigantic.  
You see that the cookie is bigger than the cup?


..And, you can't say you've had an American culinary experience without going to a diner.  So we did on the last day, and had some traditional breakfast - pancakes with bacon.

I was completely defeated - from a stack of three pancakes, I only managed to eat 1 and 1/8.


If so many Americans are having problem with obesity, ... I think I know why...








>->->->->



4月下旬、こちらのイースター休暇の週末に、ニューヨークに行ってきました。夫の弟の結婚式に出席するためです。
このブログでは、個人写真を載せていないので、結婚式のことは割愛します...代わりに...毎度ながら食べ物のことを。

ホテルに到着したのは、現地時間のお昼過ぎ。
ということで、さっそく腹ごしらえをしに出かけました。やっぱりNYに来たら...ということで、近くにあったベーグル屋さんに入りました。
最もシンプルなクリームチーズのものを頼んだのですが、その巨大なこと。半分食べるのがやっとでした。
大きさは、私の顔くらいあったでしょうか...。





3日目のティータイムに寄ったお店でも、巨大なクッキーに出会いました。
オートミール&レーズンのクッキーだったのですが、カップよりも大きい!!そのうえ甘い。
思わず半分だけ食べて、残りはテイクアウトさせてもらいました。



そして、アメリカといえばダイナー。アメリカ版定食屋、とでもいった位置づけでしょうか。
別に高級でもなんでもない(し、必ずしも美味しくはない)のですが、アメリカの庶民の食事が味わえます。
そこでホテルの近くのダイナーに行き、アメリカらしくパンケーキの朝食をとることしました。せっかくなので、ベーコンも。

登場したのはこれ。

直径22cmくらい、3枚重ね。
完全にノックアウトされました。
私がなんとか食べられたのは1枚と1/8ほどでした。
出て来たメープルシロップが「メープルシロップシロップ」だったのも結構悲しかった。


アメリカ人の多くが肥満で悩んでいるとか。
ひとこと言わせていただきたい。

「当たり前でしょっ!!!」

No comments:

Post a Comment