Search This Blog

Saturday, 30 April 2011

The Basque Tour: Sweet Temptation/

There was one thing I really wanted to try in Basque country (apart from pinxos) - Gateau Basque.


Gateau Basque is a tart (well, kind of), encasing either pastry cream or cherry jam, and then the top closed with another layer of pastry dough.  I had never had one - was saving it for the real thing :)

So, these were the two I bought in Bayonne.
I preferred the cherry one - though it was a small version (12cm?), it can be quite filling.  So the tang of cherry worked nicer than the sweetness of the cream.

In case you are wondering, this was our breakfast.  I didn't have the courage to demolish this between our extravagant pinxos meals.




This was my third time to visit Spain, and finally I managed to taste something I missed during my two previous visits: churros and chocolate!


My understanding was that this was a traditional breakfast.  So I was wondering if we were breaking the local rules to have them as an afternoon treat.
I guess we didn't, as most of the tables had the same thing.
We loved dipping the hot, freshly made churros into the thick hot chocolate.  Yummm...


Spaniards must like hot, sweet drinks.  We saw something called "cafe bonbon" in many cafes, and were wondering what it was.  We ordered it out of curiosity - and it turned out to be half espresso-half condensed milk.


It was good (who would dislike condensed milk with coffee??), but very sweet (and note that it was even served with a sachet of sugar).  I don't want to think how many calories or how much sugar was in this small cup.

We had this on the final night, and it was a good finale to strengthen our resolution to go on a diet as soon as we arrived London.

>=>=>=>=>=>

バスク地方で、ピンチョスのほかに私がとっても食べたかったものがあります。
それは、ガトー・バスクというお菓子です。



ガトー・バスクというのは、タルトのようなもので、カスタードクリーム、またはサクランボのジャムを中に詰めて、上にもタルト生地をかぶせて焼いたものです。巨大なガレット・ブルトンヌのをかじったら中にクリーム/ジャムが入っていた...という感じでしょうか。

写真の二つが、バイヨンヌで買ったミニサイズのガトー・バスクです。
私にとっては初ガトー・バスク♪
どちらかといえばサクランボのほうが好みでした。
一個食べるとなると(小型でも)結構なボリュームなので、ジャムのほうがさっぱりとして食べやすかったためです。
でも、どっちもおいしかった^^

念のため書いておきますが、これは朝ゴハンです。
ピンチョスの合間に食べるもんじゃありません。


今回の旅行が、私にとっては通算3度目のスペインだったのですが、三度目の正直でようやく食べることの出来たのが、チュロスとホットチョコレート(ココア)でした。


お店に入ったのは午後4時頃。
これは朝食に食べるものだと聞いていたので、おやつの時間に食べちゃいけないのかと思ったのですが、ほとんどのお客さんが同じものを頼んでいました。
チョコレートソースみたいに濃厚なココアに、あつあつの、カリッと揚がったチュロスをディップしながら頂きます。おいしーい♪


このホットチョコレートと言い、スペイン人はどうやら甘いあったかい飲物が好きらしい。
カフェでよく、「カフェ・ボンボン」というものを見かけたので、何か知らず、試しに頼んでみました。
それは...エスプレッソとコンデンスミルクが半々になったものでした。


コンデンスミルク半分って、かなりの量です(笑)糖分、カロリー、どれほどのものかあまり考えたくありません...(しかも、砂糖が付いてきた)

これを飲んだのは、今回の旅行の最後の晩のことでした。
ロンドンに帰ったらダイエット!! の思いをさらに強めたのは、言うまでもありません。

2 comments:

  1. 気がついたらどんどんブログがアップされててコメント追いつけないかも。。。(汗)

    本場のチュロスはチョコレートソース浸しですか♪美味しそうですね~って、実は私、チュロスは日本のものですら食べた事ないんですよ。(爆)あのギトギトにつき過ぎた砂糖がなんとも…。でも本場なら食べれそうかなーなんて。←色んな意味で甘いですわな

    そういえばSakuraさんに教えていただいた「こくせん」どこにも見当たりません。(涙)あっちこっちの成城石井探しまくってるんですけどねぇ。とほー

    ReplyDelete
  2. たしか、某有名遊園地(?)のチュロスはそのままで甘いものだった気がします(シナモンシュガーだったような)。
    スペインのは軽く振りかけてあるグラニュー糖だけの甘さなので、チョコレートがぴったりでした♪

    あ、「こくせん」ありませんか??こうなったら通販でしょうか...。
    東京では大丸ピー●ックでも売っていますが、ピーコッ●自体が名古屋にあるか分かりませんね...。黒じゃない普通のゴマのも美味しいんですよ~。

    ReplyDelete