Search This Blog

Wednesday, 3 February 2010

ブラウンズ・ホテルでアフタヌーン・ティー/Tea at Brown's

今日は...今日も...アフタヌーン・ティーに行ってきました。
今日はブラウンズ・ホテルです。こちらは昨年2009年度のロンドンにおけるベスト・アフタヌーン・ティーに選ばれた場所でもあり、ヘッド・パティシエを勤めるファビアンは、昨年取材に訪れて以来、ちょくちょく会っています。
今回も、友人のMomoが付き合ってくれました。彼女も勉強熱心です...。

ブラウンズのお茶は、English Tea Room というラウンジでいただきます。取材でお茶をいただいたことはあったのですが、お客として来るのは初めてでした。

こちらのスコーンは、ファビアンがシェフに就任してから、数ヶ月かかって完成させたというもので、卵が入らず、しっとりと口の中で溶けるような感触が特徴的です。
もしも行くことがあったら、底を見てみてください。下火を使わず、上火だけで焼き上げるので、底は白く仕上がるのです。シェフのこだわりですね(笑)。

ケーキ類は、マカロン(オレンジ&チョコ)、ルバーブのクランブル、バナナのカップケーキ、プロフィットロール、レモンタルト。どれもかわいらしい大きさで、頼むともっと持ってきてくれます(十分でしたが..)。ファビアン自身が以前言っていたのですが、どれも比較的シンプルなケーキです。私は結構好みです。甘すぎないのもいいね、とMomoと言い合ったのでした。

嬉しかったのは、まだアフタヌーン・ティーには登場していない、新メニューのケーキ類を、ファビアン自らが持ってきてくれたことでした。ふふふ。めったにない特典ですよね。

初お目見えの特別パティスリーは、ヨーグルトとルバーブのマカロンに、アップルクランブルのカップケーキ。白っぽい色合いが、冬らしい。
この、ヨーグルトとルバーブのマカロン、とってもおいしかった!
またこれ目当てに行きたいくらいです。

スタンドのケーキを食べ終わる頃、今度はワゴンサービスでヴィクトリア・スポンジとダンディー・ケーキが登場します。ヴィクトリア・スポンジは、ヴィクトリア女王が好んだといわれるケーキで、クリームとジャムをサンドしたもの(そのため、別名ヴィクトリア・サンドイッチとも)。かなりシンプル…女王様、庶民派だったのでしょうか。

ダンディー・ケーキは、スコットランドのダンディーという街に由来する、ドライフルーツたっぷりのケーキです。
お腹一杯...といいつつ、しっかり一切れずつ頼みました。特に、ダンディー・ケーキは重すぎず、しっとりとしておいしかった。

食べ終わったら、ほんっとうにお腹が一杯でした。




ファビアンは、季節に合わせて結構頻繁にメニューを変えるので、数週間後には上記の新ケーキも登場する予定のようです。春、夏...季節ごとにまた来たくなってしまいました。
ありがとね。

+=+=+=+=+=+=+=+=

Today I went for afternoon tea.... again.  It was at Brown's Hotel.

It was about a year ago that I visited Brown's Hotel for the first time, to write an article about their afternoon tea.  I met Fabien, the Head Pastry Chef on that occasion, and since then we've kept in touch.  He introduced me to other pastry chefs in London, which was exciting and interesting for me.
However, this was the first time that I came as a guest, and I had really been looking forward to it.  Again, my good patissière friend Momo joined me, to do a "thorough examination" of all the scones and cakes.
Afternoon tea is served in a room called the English Tea Room on the ground floor.  As we comfortably took our seats in a quiet corner, the three-tiered stand arrived on our nicely set table.

Fabien once told me that he spent several months perfecting the scone recipe.  Brown's scone is paler than other hotels', as it contains no egg, and it has a melt-in-the-mouth texture.  I like the look of it - it doesn't have the "wolf's mouth" crack, but is smooth on the side.  Very cute.
If you have an occasion to visit Brown's for tea, flip over the scones- the bottom has no colour, as they bake only with the upper fire in the oven.  Interesting trivia, isn't it?

On the top plate, there was a macaroon ("Jaffa" - orange & chocolate), rhubarb crumble with shortbread, banana cupcake, profiterole and lemon tart.  They were all very delicate and pretty.  Fabien says that he keeps his patisseries rather simple, and I quite like it that way.  Momo and I also liked the fact that these cakes were not over-sweet at all.  Even though they are packed with butter and cream, they taste rather light.

A happy surprise was that Fabien himself came to join us for a few minutes, bringing some brand-new pastries that were just created in the pastry kitchen.  "You are the first ones to taste these outside of the kitchen!" was what he told us.  What an honour :)

They were yoghurt and rhubarb macaroon and apple crumble cupcake.  They both looked very wintery- made me think of snow-covered mountain and fields.  I must say that my favourite was this yog & rhubarb macaroon.  It was sooo good.

When we finished the cakes, one of the staff came around asking if we wanted more pastries.  We said no, thank you.  We were full.
However, when they came around with a wagon trolley with Victoria Sponge and Dundee cake, we asked for a slice each.  I liked the Dundee cake very much, as it was moist but not heavy, and had a really nice flavour.
After eating our two final cakes, we were really, really full..

I know that Fabien changes his Afternoon Tea menu frequently.  I suppose the new macaroon and cupcake will be served very soon.. unless they already are.  It makes me want to go back again and again, to try his new creations.  Dangerous..


No comments:

Post a Comment