Search This Blog

Sunday, 14 February 2010

旧正月の小龍包/ Chinese New Year

今日は旧正月の元日(というのでしょうか...)。
そのためにわざわざ出向いたわけではなかったのですが、たまたま用事があって近くまで行ったので、チャイナタウンによりました。

お祭り気分一杯です。

お腹が空いていたので、ここまできたらやっぱり中華にしよう、ということになりました。
行ったのは、台湾系のお店です。香港が植民地だった関係で、ロンドンにある中華は広東料理のお店がほとんど。台湾料理のお店というのは珍しいのです。

ここでの私のお目当ては...小龍包。
それと、四川風麺というのがあったので頼みました。坦々麺みたいなのかなぁ…と楽しみだったのですが、出てきたのはこんな麺でした。

スパイシーのはずだったのですが、なんだか甘い。イマイチ。ジャージャー麺ぽい見かけではあるけど、甘いのってヘンな感じでした。もう一つの台湾・ビーフ・スパイシー・ヌードルもイマイチ。

ですが、小龍包は外してませんでした。


一個目は案の定、口の中をやけどしそうになったので、2個目は慎重に。
小龍包って何でこんなにおいしいんでしょーう。ぱくぱく4個も頂いて、幸せな気分になれました。

イギリスではよくコンフォート・フード(Comfort Food) という言葉を耳にします。旅先で恋しくなったり、旅先から戻って食べると、ほっとする食べ物、というような意味です。
私の場合、海外生活が長くなっても、やっぱりお茶漬けなんかがまさにコンフォート・フードです。
今回小龍包を食べて、中華もかなりコンフォート・フードだなあ、とあらためて思ったのでした。

坦々麺食べたい…おねーちゃん、帰ったら一緒に行こうね。

+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

Today was Chinese New Year (which we don't really celebrate in Japan).
My husband and I went to China Town, but it was not because of Chinese New Year.  We had an errand to run nearby, and decided to go to one of the Chinese restaurants, as we were getting hungry.

It did look festive..

We went to a Taiwanese place, which is quite rare in London, as most of the Chinese restaurants are Cantonese.  We had been there before.. and my favourite thing on the menu was Shao long bao (dumplings with minced pork and soup encased).
We also ordered "Szechuan Spicy Noodles".  I was imagining something like "tan tan noodles", spicy noodle soup with minced pork.

I was disappointed..

It was NOT spicy!!  It was rather sweet..  strange.  The other noodles we ordered, Taiwanese spicy beef noodles were not that great either.

However, the shao long bao didn't let me down..! Yey :)


I nearly burnt my tongue on the first one, as I always do with shao long bao.  It was worth it, though.  I took more care eating my second, third and the fourth dumpling.  I truly loved it.  Yum.

I think something like this qualifies as comfort food for me - even though it is not really Japanese food.  Chinese food is seriously part of Japanese cuisine today, and I feel I grew up with Chinese food and Chinese flavours (though Chinese people might argue that Japanese-Chinese is different from the "true" Chinese food - which I agree with).

Mmm..  I still do miss tan tan noodles..

No comments:

Post a Comment