Search This Blog

Saturday, 3 July 2010

Royal Opera House/ ロイヤル・オペラ・ハウス

We went to see an opera today, at the Royal Opera House in Covent Garden - which is a beautiful building.  It was a matinee performance, so I decided to take advantage of the daylight, and brought my camera.

I love the foyer - which is so airy and light.   I believe it is worth a visit, just to be inside of the building, even if you don't go for a performance.

I really love the atmosphere of this opera house.  It has the classic theatre feeling, that makes you get so excited to be inside.  Our seats were 'Amphitheatre' and the view was like this - we could see the stage pretty well, also the orchestra pit.

In the past I have taken some seats that were very close to the ceiling - like these..


I still enjoyed the performance from this height, though sometimes it was difficult to see the surtitles.  Well, since the tickets are so inexpensive for these seats, you simply cannot argue- Madame Butterfly at Royal Opera House for ten pounds..!

This time, the performance was Le Nozze di Figaro.  I am still an opera beginner, and I prefer watching something light-hearted, fun, and with tunes I know.  I think we chose the perfect performance.  It was really enjoyable, and we laughed a lot!


During the break, people go to the foyer bar and have drinks.  With the high glass ceiling, it is absolutely delightful on summer days.  While the people sitting closer to the stage enjoyed their drinks in the foyer, those of us, who were at seated higher up enjoyed looking down on them..


If you think going to a matinee performance on a nice summer day is a waste of sunshine, you should think twice - I feel that I enjoyed both the opera and the weather!

~  。~  。~  。~  。~  。~  。~  。~  。

今日はオペラを観に、ロイヤル・オペラ・ハウスに行ってきました。コヴェント・ガーデンにある、なかなか個性的な建物です。マティネ(昼公演)だったので、建物の様子を撮りたくて、カメラを持って行ってみました。


天井が高いドーム状になっていて、解放感のあるのがなんとも気持ちいい!
たとえ、オペラやバレエの公演を観るのでなくても、来る価値のある建物ではないでしょうか。


劇場内部の様子です。クラシックな、いかにも劇場らしいつくりです。
足を踏み入れただけで、わくわくするようなこの雰囲気が大好きで、開演時間を待つのも全然苦じゃありません。
今回の席はAmphitheatre といって、かなり高い位置でしたが、ちゃんと舞台もオーケストラ・ピットも見えました。満足。

「天井桟敷」って、本当に天井のすぐそばです。こんな席に座ったことも(立ったことも)、もちろんあります!


舞台の上部に投影される字幕(イタリア語やドイツ語で歌われる場合、英語の字幕が出る)が見づらいのが難点でしたが、それでも楽しめました。
なんといっても、こうした席ではチケットが安いのが魅力です。「蝶々夫人」をこのオペラハウスで見て、たったの10ポンドじゃ、文句なんて言えません(現在のレートだと、10ポンドは約1400円)。

今日観たオペラは、「フィガロの結婚」でした。私はまだオペラ初心者なので、喜劇で、かつ聞いたことのある曲の多いものを選ぶことにしています。「フィガロ」はまさにぴったりで、笑いながら見ることのできる、楽しいオペラでした。

幕間には、バー・スペースに行くのが一般的です。
フォイエと呼ばれる先ほどのドーム天井の場所もバーとなり、人であふれていました。
夏の天気の良い日には、燦々と日が差し込み、明るくて、華やかな雰囲気です。
2階以上の座席に座る私たちはというと…上にあるバーで、彼らを見下ろしながら、飲物をすすっていたのでした。


天気のいい夏の日にオペラ座に行くなんてもったいない!と思われる人も、ここなら考えを変えるのではないでしょうか?良い天気と楽しいオペラ、両方を十分に楽しめた、と思える一日でした。

No comments:

Post a Comment