Search This Blog

Wednesday, 27 January 2010

Devon & Cornwall 1: The sweet beginning of the journey/甘い旅の始まり

I left Paddington station at 7.30 this morning.  I took the train with a lady photographer, heading for Exeter, Devon.  It was my first business trip as a journalist..

We were going to travel through Devon and Cornwall, visiting tearooms and bakeries looking for regional sweet treats, as well as farms to observe clotted cream-making.  I have been working on the research since December, and was looking forward to the trip.
Luckily, the clouds cleared as we approached Exeter, where we were picked up by the Editor of the magazine, who flew in from Japan a few days ago.

These are the scones from our first stop, Georgian Tearoom.  These were home-made by Heather, the owner lady, and were very good.  As you can see, they were so big - compared to the ones I had at Lanesborough Hotel's Afternoon Tea a few days ago, they were about three times bigger.
Served with a cloud of Devonshire clotted cream and Heather's home-made strawberry jam, it became my lunch, and kept my hunger until about 6pm.

Having driven many many miles and eaten just scones for lunch, we decided to have something healthy and hearty for dinner.  We were already in Cornwall, and so decided to have fish.  It's Cornwall, there must be good seafood.

...Yes, we did have fish for dinner, which was not too exciting but not bad.
What I did not expect was that dessert was compulsory..  but after all, we were after sweet treats, weren't we?

I ordered Sticky Toffee Pudding, perhaps because I haven't had it for a long time.  I think I won't have another STP for at least three years..  No, it wasn't bad.  It was just gigantic.


Of course, I did not (could not) finish it.  Monsieur Editor struggled with his huge slab of black treacle sponge, and Miss photographer could not demolish her block of caramel, sitting on cooked apple either.

That was the end of day one of our sweet journey...

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

今朝は、7時半にロンドンパディントン駅を発ち、列車でエクセターに向かいました。エクセターは、イギリスの南西部にあるデヴォンという地方にある街です。
隣の席にはカメラマンのお姉さん。ライターとして、初めての出張です。

今回の旅の目的は、デヴォンとコーンウォール(イギリスの南西部に位置する二地方)のティールームを巡り、その地方に伝わるお菓子を訪ね、農場でクロテッド・クリームを作る様子を見学することです。(まあ、ほかにもちょこちょこありますが)。12月から、このリサーチをしていたので、今回の出張はとても楽しみでした。
天気が心配でしたが、エクセターに近づく頃には雲も晴れてきました。駅で、数日前に日本から到着した雑誌の編集長と合流し、そこから車で最初の目的地に向かいました。

これは、最初に行ったジョージアン・ティールームのスコーンです。ティールームのオーナー、ヘザーの手作りのもので、とてもおいしかった。
数日前のレーンズボロー・ホテルのスコーンなどと比べると、3倍はあろうかという大きさです。全然違うけれど、どちらも好きです。
たっぷりのクロテッド・クリームと、これもヘザーの手作りだというイチゴジャムをのせて、1/2個、いただきました(一個は食べられない)。
これがお昼ごはんです(笑)。
6時まで、お腹空きませんでした。

何時間もドライブし、スコーン以外は何も食べなかったので、夜は健康的かつ栄養のあるものを食べよう、ということになりました。宿があるのはコーンウォール(海の幸がおいしいことで有名)だったので、魚料理を食べさせてくれるレストランに行くことにしました。

...そう、ちゃんと、魚は食べました。
ものすごくおいしくはなかったけど、さっぱりとしていて、野菜も摂れました。
ですが、そのあとに何が待ち受けているかまでは、考えていませんでした。

たしかに、今回の旅の目的は「お菓子を訪ねる」ですけど...デザートが強制だとは...。

私がオーダーしたのは、スティッキー・トフィー・プディングです(ナツメヤシを使った、蒸したスポンジのような、キャラメル味のあまーいプディング)。単に、今まであまり食べたことがなかったから、というだけで選んだのですが、このあと、きっとまた3年くらいは食べなくていい気がします。
まずかったのではありません。
巨大だっただけです。


当然、食べきれやしませんでした。
編集長もブラック・トリークル・スポンジ(黒蜜のスポンジケーキ)と奮闘した挙句敗れ、カメラマン嬢も巨大なキャラメルの塊が乗ったアップルパイに苦戦していました。

これが、3日にわたる、胃を酷使した旅の、第一日目でした。

No comments:

Post a Comment