Search This Blog

Monday, 25 January 2010

Tea at Lanesborough/ レーンズボローホテルでアフタヌーン・ティー

Today, I went to have afternoon tea at The Lanesborough Hotel with my good friend, Momo.  We studied at Cordon Bleu together, and she is.. the pastry chef at Berkeley Hotel who makes the world-famous (I'm sure I can say this) Pret-a-Portea.

It was fun to have afternoon tea with someone who shares the same kind of passion - i.e. someone who wouldn't mind breaking down all the pastries in pieces trying to identify whether the "berry-ish stuff" is blueberry, cherry or black currant, and asking for more pastries.  Chatting with your girl friend, listening to the piano in the beautiful room..  It really was fun.

We ordered Afternoon Blend and Breakfast blend, and after a short while, the pre-dessert (apricot compote with milk chocolate ganache)  arrived, followed by the three-tiered stand.  From the bottom: sandwiches and quiche, butter cakes in the middle, and small pastries on the top.  Yum.

These are their scones.  Small, light, crusty, melt-in-the-mouth.  Love it.


I liked that the scones come with lemon curd, as well as with strawberry jam.  I really enjoy the tang of lemon curd, which cuts the richness of the clotted cream.  Strawberry jam is the classic match, but I like this twist.





I think my favourite was the petit mont-blanc, which was using half (or one) macaroon.  It was very delicate and cute, and tasted very nice too.  The other patisseries were all very delicate, inventive and creative- I have met the pastry chef, Tal, and I can tell that she is a very talented patissiere!


At The Lanesborough afternoon tea is served only from 4pm. I felt it was rather late, and also short, as it only runs until 6pm.  However, at least I could use my time rather efficiently that way.  The only thing is that you get really hungry, so it is difficult to skip lunch, and of course you'll end up skipping dinner!  I just had salad this evening.. 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今日はコルドン・ブルーで同級生だった、Momo とレーンズボロー・ホテルでアフタヌーン・ティーを楽しんできました。
Momo は、あの有名な(!)バークレイ・ホテルのアフタヌーン・ティー、「プレタ・ポルティー」を手がけているパティシエです。同じ情熱というかこだわりというか、を持つ相手とアフタヌーン・ティーに行くのは楽しいものです。二人で思う存分、ケーキをつついて材料やら構造やらを分析しました。「このゼリーはチェリーか、ブルーベリーか、それともカシスか?」とか言いながら。追加もたくさんお願いしてしまいました。
開放感のある、綺麗なダイニングる、生のピアノ演奏を聴きながら、女友達とおしゃべりに花を咲かせるのって、楽しいものです。
私は濃いお茶が好きなので、ブレクファスト・ブレンドを、彼女はアフタヌーン・ブレンドを頼みました。
最初にプレ・デザート(アプリコットのコンポートとミルクチョコレートのガナッシュ)が運ばれ、3段のスタンドが登場します。一番下がサンドイッチにキッシュ、まん中がパウンドケーキ各種、それに小さなケーキが一番上です。おいしそう。

こちらがスコーン。小ぶりで、外はさっくりとしながら、口の中ですっと溶ける感じ。私の好みです。



スコーンには、クロテッドクリームとイチゴジャムのほかに、レモン・カードも付いてきます。スコーンにクロテッドとイチゴジャム、というのは文句なくおいしい取り合わせだけれど、レモンの酸味もさっぱりとして好きです。
私が一番好きだったのは、プチ・モンブランでしょうか。マカロン半分(というか、一個?)の上にクリームと栗ペーストがのった、かわいらしいモンブランです。ほかのケーキも全て、繊細な作りで、斬新な味の取り合わせのものばかりでした。こちらのヘッド・パティシエの女性に会ったことがありますが、彼女の才能の豊かさがうかがえる、素敵なアフタヌーン・ティーでした。


レーンズボローでは、アフタヌーン・ティーは4時から開始です。結構遅いし、6時までなので慌しいかな、と思っていたのですが、かえって一日の時間を有効に利用できた気がします。
問題は、お昼を抜くとお腹がものすごく空いてしまうこと、それに夕飯が食べられなくなること、でしょうか...。現に、夕飯はサラダでおしまいにしてしまいました。

あーあ、カロリーとりすぎー





2 comments:

  1. Nice photos! i wish i could fly there right away :-)

    ReplyDelete
  2. Hi Wanderer! Thanks for your comments. They tasted as good as they looked!

    ReplyDelete