Search This Blog

Saturday, 2 January 2010

Hampton Court Palace -King's Kitchen /ハンプトン・コート・パレスの王さまのキッチン


We went to Hampton Court Palace today.  It is located just outside of London, not too far from Wimbledon.  It took about half an hour by train, from Waterloo.  It was very cold (around 1c!), but the sky was clear, and it felt like a proper winter day - reminded me of the winter days in Tokyo.

今日はハンプトン・コート・パレスに行きました。この宮殿は、ロンドン郊外に建てられたもので、ウィンブルドンの近くに位置します。ウォータールー駅から電車で約30分の道のりでした。とても寒い日だったけれど、快晴!東京の冬みたいです。冬はこうでなくちゃ。

This palace used to belong to Henry VIII, who is known mostly for his six wives.  Apparently, according to the extremely knowledgeable staff, he was a gentle king, and used to be a very handsome young man.  It is not very easy to believe..

この宮殿はヘンリー8世ゆかりの宮殿です。ヘンリー8世というと、6人妻を娶ったことで有名ですが、宮殿内のスタッフによれば、彼は心優しい君主で、若い頃はとてもかっこよかったそうな。残された肖像画からその様子を想像するのは、あまり易しいことではありませんけど。

The rooms and the halls of the palace were beautiful and interesting, as was the garden - even in winter time.  It was vast!!  I felt like coming back in summer, though it would be very crowded for sure.


宮殿内のホールも部屋も素敵でしたが、お庭も良かった。こんなに広いとは思っていなかったので、あまりの大きさに驚きました。夏にまた来たいなーと思いつつ、その頃の混雑ぶりを考えると...うーん...。


Well, actually..  my main objective for visiting this place was in its kitchen.  They were having a special once-a-month cooking demonstration.  Mutton, not lamb, as the gentlemen "chefs" explained, was grilled over open fire, for a loooong time.

お庭もいいのですが...実をいうと、私の目的は宮殿のキッチンにありました。
月一度の特別イベントで、16世紀のお料理を再現していたのです。暖炉で焼かれているのはマトン。何時間もかけて、じっくりとローストします。


They used to roast such meat for everyone- including servants, while Henry VIII stayed here, using great open fires. The kitchen was filled with a lovely aroma of grilled meat, and the warmth from the fire.

ヘンリー8世の宮殿では、召使を含め、宮殿にいる全ての人にこんな肉料理が振舞われたそうです。贅沢。
キッチンには、暖炉の火で暖かく、お肉の焼けるいいにおいが漂っていい感じでした。

Just like the other staff, the people here were very knowledgeable, and answered almost any question.  I asked them if they had a chef or academic background - and surprisingly, these 'actors' were more or less all "enthusiastic amateurs".

ほかのスタッフもそうでしたが、ここの人たちもとっても知識豊富でした。何を聞いても答えが返ってくるのがすごい!もともと、シェフか学者さんなんですか?と聞いたら、「俺たちはみんな、熱心なアマチュアさ」と笑っていました。趣味で役者もどきのことをしているうちに、これが本業になってしまったんだそうです。

After the lengthy preparations, they all got seated and showed us how people use to eat and drink, in the 16th century.  It was very interesting - the only thing is..  I wish we could have tasted them too!!

何時間もかけて準備をして、...とうとうテーブルの席に着きます。ちゃんと、食べ方も16世紀のテーブルマナーにのっとって食べていました。
見守るのは興味深かったけど...私も味見したかったなぁ。

No comments:

Post a Comment