Search This Blog

Sunday, 17 January 2010

Madly in love with rhubarb/ 熱愛ルバーブ

Since I started writing this blog, I realised that I have more "obsessions" than I thought...
And rhubarb is definitely one of them.



This is forced rhubarb from Yorkshire, which is grown in the dark- and harvested by candle light.


I used to think that rhubarb was a summer thing (vegetable, strictly speaking).  Then after a while, I realised that there was something called "forced rhubarb" that starts appearing from early spring.  They are pink- not like the summer ones that are slightly red towards the root, and mainly green.

And, there is also ruby-red rhubarb.  Just like asparagus, apparently rhubarb gets green when the stems are exposed to sunlight.  One day, someone found out that rhubarb that grew under the chimney pot left up-side-down was very red, tender, and tasted less acidic.  That is how they came to start growing rhubarb in the dark.

I really really love this rhubarb.  When I see it in the market at the beginning of the season, ..  I HAVE TO HAVE IT.

It is so brightly red that you almost cannot believe that it is a natural colour.  Your disbelief grows even more when you cook it- it becomes electric pink..



This is my home-made forced rhubarb jam- which we enjoy with yoghurt.  It looks like this...  quite spooky.. very inedible-looking, I must say..


BUT, it is really good!!

Great info on forced rhubarb in Yorkshire..  I don't mind paying a premium price for something as special as this.. http://www.bbc.co.uk/food/recipes/mostof_forcedrhubarb.shtml


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

このブログを始めてから、私には「これがものすごく好き!」というものが、意外と多いことに気づきました…。
ルバーブも、そのひとつです。



これは、ヨークシャー産の促成栽培もののルバーブです。暗闇の中で育ち、蝋燭の光のもと、収穫されるそうです。

ルバーブというのは夏のものだとずっと思っていたのですが、こちらにしばらく住むうち、春先に促成栽培されたものが出回ることを知りました。夏のルバーブは、根元がちょっと赤っぽいけれど、ほとんど緑色です。それに対し、春先のルバーブは綺麗なピンク色をしています。なぜか、大抵オランダからの輸入です。

夏の緑のルバーブ、春のピンクのルバーブに加えて、さらにはこの真っ赤な冬のルバーブというのがあるのです。アスパラガスやモヤシのように、ルバーブも日が当たると緑になってしまうのだとか(赤の強い品種もあるそうですが)。
あるとき、煙突のてっぺんにのっけるポット(植木鉢みたいな形のものです)をひっくり返したままになっていたところから、真っ赤なルバーブが生えているのを、ある農家の人が見つけたのがそもそもの始まりだとか。
赤いルバーブは、緑のものよりもやわらかく、酸味も少なかったため、闇の中でルバーブを栽培することを思い立ったのだということです。

私はこのルバーブがとにかく好きで…。
季節の初め、マーケットなどでこのルバーブを見ると、もうたまりません。買わずにはいられない...。

この赤さ、本当に自然の色とは思えないほどの鮮やかさです。火を通した日には、もっと不自然な色になってしまいます。こんな感じ。



自家製ルバーブジャムです。
ヨーグルトと食べます。きれいなんだけど…かなり不気味か。
おいしいんですけどね。

英語ですが、促成ルバーブに興味のある方はこちらを ↓↓

No comments:

Post a Comment