Search This Blog

Friday, 30 April 2010

Wallace Collection/ ウォレス・コレクション

I went to The Wallace Collection today with my friend Momo.
I confess that our main objective was to have lunch there, rather than visiting the museum..  the museum has a lovely restaurant, which is like a very large conservatory.  You can feel like being outside and yet be covered.  It is a wonderful idea in a place like London, where you can't predict when it's going to start raining...
Momo had soup, and I had a quiche.  We were both happy with our orders.


After that, we shared a set of Afternoon Tea...
I liked the scone, which was rather on the bien-cuit side.  The pastries could have been a bit better, but I do think they looked cute and fun.


After our lunch and tea, we had a quick visit inside the museum.  I have visited Wallace Collection several times, but I still haven't seen all the rooms.  It is a beautiful mansion, and I highly recommend a visit to anyone who comes to London.
It is known for its Rococo-style paintings of Boucher, Fragonard and Watteau - like this famous painting of Madame de Pompadour.  And, there are several Rembrandts, Velazquez, Rubens and many others too!

It used to be a private collection, and is now a national museum.  One of Lady Wallace's conditions when giving the collections to the public was that no piece should ever leave the building, even for an exhibition loan.  Therefore it really is worth a visit, as you can't see these paintings anywhere outside of this museum...!

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


今日はウォレス・コレクションという美術館に友人のMomoと行ってきました。
美術館よりは、美術館に併設されているレストランでのランチが目的だったのですが...。
中庭のようなスペースをガラスで覆ったレストランで、屋根がありながら屋外にいる気分が味わえる、明るくて開放的な空間です。いつ雨が降るか分からないロンドンにはぴったりです。
メニューはカジュアル・フレンチで、Momoはスープとパン、私はキッシュを頼みました。


食後にはアフタヌーン・ティーを頼んで、2人でシェアしました。普段はお昼とアフタヌーン・ティーというような無謀なマネはしないのですが、軽めのお昼+シェアで、適量でした。
ホテルのものよりもかなり大ぶりで、やや焼き色の濃いスコーンがおいしかった。
ケーキの類は、こんな感じでした。かわいい...けど、お味のほうは...あと一歩かな。


食後には、美術館も見学しました。私は今までに、何度かこの美術館には来たことがあるのですが、それでも全ての作品、展示室は見ていません。
特にロココ時代のフランス絵画が充実していて、ブーシェ、フラゴナール、ヴァトーの作品が何点もあります。右は、有名なポンパドール夫人の肖像画。
レンブラント、ヴェラスケス、ルーベンスなどの名画も、何点もあるのですが、そのわりにナショナル・ギャラリーなどに比べて知名度は低いようです。おかげで比較的空いているのもかえって見学者しやすく、この美術館を気に入っている理由の一つです。

現在は国立の美術館ですが、もともと個人のコレクションだったものを、ウォレス夫人が国に寄贈したということです。その際、「収蔵作品は、どれ一つ持ち出さない」という条件をつけたため、現在も展示作品は全て門外不出です。
展覧会への貸し出しも不可なので、この美術館の作品は、ここに来ないと見られません。
ぜひ、ロンドンにおいでの際には、足を伸ばしてみてください。

No comments:

Post a Comment