Search This Blog

Monday, 28 December 2009

Barcelona: Churches and seaside

On the 2nd day, we went to the Cathedral, just off La Rambla.  The area, which is called the "Barri Gotic" is very picturesque.  The area is "Gothic", but apparently the building itself was completed in the early 20th century.
Inside the Cathedral was surprisingly busy, with most of the visitors being tourists (you could tell because of their cameras).




二日目は、カテドラル(大聖堂)へ。ラ・ランブラから横道に入ります。
ゴシック地区と呼ばれるエリアにあるのですが、カテドラルそのものはゴシックの時代ではなく、20世紀初頭に完成したのだそうです。
カテドラルの中は驚くほどの混みようでした。しかも、大半は礼拝に来る人ではなくて、観光客らしき人々でした(みんな、カメラを持っていたので)。




















We then moved on to the seaside for lunch.  We had made a reservation at a restaurant called Aqua (http://www.aguadeltragaluz.com/), which was recommended by a good friend.
We ordered Paella with artichokes, squid and prawns, and fideua.  Fideua is like paella, but uses short cappellini instead of rice.  Both were very good.  They both had the deep, rich flavour of seafood.  The serving was very copious, so we had to skip dessert...

そこから、海辺へ移動しました。海沿いにある、Aquaというレストランでお昼の予約を入れてあったためです。こちらは仲良しの友人おすすめのお店です。
アーティチョークとイカとエビのパエリア、それにフィデウアという、短いカッペリーニをお米の代わりに使ったパエリアのような料理を頼みました。
どちらもとってもおいしかった。魚介のうまみがしっかりとしていて、日本人の好きな味です(笑)。とても量が多かったので、残念ながらデザートはパスしました。







We then took a walk along the seaside, to help digest the big lunch we just had.  The weather stayed dry and warm, but the sun was hidden by the clouds..  We took a metro back to the city centre.

そのあとは、満腹のお腹をさすりながら、海岸を散歩しました。
雨は降らないながらも、空はどんよりとした灰色。そんな天気で海辺にいるのもなんとなくつまらなくて、地下鉄で市の中心部に引き返すことにしました。


We then headed over to Basilica de Santa Maria del Mar.  It was a surprisingly airy church- perhaps because the chapels did not have any "gate", it made it look so open.  According to our guidebook, it took only 55 years to build, and is built in Catalan Gothic style.  I liked it very much.




向かったのはサンタ・マリア・デル・マールという教会です。ゴシックの教会には珍しく、開放感のある建物でした。たぶん、礼拝堂に柵(門?)が無いためでしょう。
音響もよくて、コンサートが開かれることもあるとか。
55年という驚異的な短期間で建築され、カタルニア・ゴシック様式の代表的な建築だそうです。
いい雰囲気でした。

Now, fast-forward to dinner.
We decided to go for another Tapas dinner, as you can easily regulate the quantity you are eating.  We went to another restaurant recommended by our friend (she gave us a list of restaurants to go), called Taller de Tapas.  It was nicely lit with festive little lights, and we could tell that it was a popular place for tourists, as well as locals.

そして、この晩の夕食。
食べる量を調整しやすいので(お昼が重かったから…)、またタパスのお店に行くことにしました。Taller de Tapas というお店で、こちらもAqua を紹介してくれたのと同じ友達が教えてくれた場所です(彼女が「バルセロナのレストランリスト」を作ってくれたので、もっぱらそれに頼りました。感謝)。
クリスマスらしい明かりが店内一杯に飾られたお店は、観光客にも地元の人たちにも大人気の様子でした。

My favourite that night was chorizo cooked with asturias cider.  I have had chorizo so many times, but this was by far the best.  It almost crumbles in your mouth - so soft and tender, and full of flavours.  We dipped our breads and soaked up the lovely juices too.

この晩、特においしかったのは、このチョリソ。ワインなどで煮たお料理は何度も食べたことがありますが、これが今までのベストです。ホロホロと口の中で崩れるようで、柔らかでした。お肉のうまみ、かすかな酸味、燻製の香りのバランスが最高でした。
あまり飲めない私でも、ワインがすすむすすむ。



At the end of the meal, I ordered tea again- and guess what?  This time, rooibos tea arrived.
It didn't matter, and I liked the tea, but I wonder if they ever drink English tea in Spain.  What is the most common tea??
I know, you might say who cares, when they make such great coffee..!

食後、また「お茶」を注文したところ…今度はルイボスティーが登場。
いいんですけど、この国では紅茶って飲まないんでしょうか?
「お茶」って言った場合、何のお茶が一番一般的なんでしょう ?(←普通、ヨーロッパでは紅茶)ちょっと疑問。

ま、スペインではコーヒーを飲んでればいいんだ、という話もありますが…

No comments:

Post a Comment