Search This Blog

Thursday, 24 December 2009

Christmas Dinner  Part 1

So, Christmas...

Last year, my husband got a stomach flu just before Christmas, and I didn't know what to cook.  I waited until the 24th afternoon to make the decision (congee, chicken soup or Christmas dinner?), and ran to the supermarket, looking for something nice to cook (..Christmas dinner after all!)
Sadly, all I found was chicken breast and pheasant.  I went for the pheasant, without really knowing what to do with it.
The result was.. mostly edible (apart from the shots - it was a wild pheasant, killed with a gun, apparently).

とうとうクリスマスになりました...

昨年は夫がクリスマス直前に胃炎に罹ってしまいました。果たして何が食べられるか分からない状態だったので(お粥か、それともまともなクリスマス・ディナーか...)、ギリギリまで待ってから、料理の材料を買いに近くのスーパーに走りました。
しかし、24日午後になってお店にあったのは、鶏の胸肉とキジ肉だけ。どう調理するのか分からないながらも、キジを買って帰りました。
結果は...まあ、なんとか食べられました(銃弾以外は、ですが。こっちのスーパーって、狩りの獲物が売っているんですね...)。

In order to avoid last year's tragedy (?), I decided to cook something that wouldn't result in last-minute panic, no matter what the situation is.  Confit de Canard!!
Confit means "preserved", and duck confit is a typical way of cooking duck leg in France.  Preparing this at home was not complicated or difficult, but took time to prepare.  This is what I did for two leg portions (one site in particular that was very helpful was this one - special thanks to this Japanese restaurant website, SOU : http://lainacuisine.blog86.fc2.com/)

昨年の悲劇?を繰り返さないように、今年は直前に何が起きても対応できるようにしようと決意し、鴨のコンフィを作ることにしました。
「コンフィ」というのは「保存された」という意味で、フランスではとても一般的な鴨料理の一つです。家庭で作るのは難しくはありませんが、時間はかかります。以下、鴨のモモ2本を使ったコンフィの作り方です(SOUさんという東京にあるレストランのサイトのレシピが、丁寧でとても参考になりました http://lainacuisine.blog86.fc2.com/)。

First, weigh salt (1.5% of the weight of leg) and sugar (0.3% of the weight), and rub them into the meat with herbs (I used fresh thyme and dried laurel).  Leave them overnight.  Next day, wash off the salt and pat them dry, while you melt the duck fat (we purchased it separately- for two duck leg portions, you will need 500~600g) over low heat.  Set the oven temperature to 110c, and prepare an oven-proof dish deep enough that you can fit the duck legs, and can cover them with melted duck fat.  Cook for 2hrs, making sure that the meat is coated in the fat.
When cooked, put the legs in a clean container, and pour the fat through a sieve.  Make sure that the meat is completely covered.  Keep it in the fridge - they say it keeps for a month (or more..).  Mine were left for two weeks to mature..

まず、モモ肉の重量の1.5%に当たる食塩と0.3%に当たる砂糖をはかり、まんべんなくモモ肉にすりこみます。私はタイムとローリエも使いました。これを一晩、冷蔵庫に入れてほっておきます。
翌日、モモ肉を取り出したら、水洗いしてよく拭きます。次に、鴨の脂肪を用意します。モモ肉2本で、約500~600gの脂肪が必要です(手に入らなければ、ラードでもOK)。これを低温であたためて溶かし(透明な液体になる)、そのあいだにオーブンを110度に温めます。深めの耐熱皿にモモ肉を並べ、肉が完全にかぶるくらいの鴨脂を注ぎ、そのままオーブンで2時間ほどじっくりと焼きます(というか、煮るという感じですね)。
焼きあがったら、タッパーなどの容器に肉を移し、脂をこしながら注ぎます。このときも肉が完全に脂に浸るようにします。冷めたら、冷蔵庫へ。ひと月ほど(もっと?)保存可能だそうです。我が家のモモは2週間眠っていました。

So, this is what it looked like, when I took it out to re-heat.  I had to dig the legs out from the solid white fat...

下が、冷蔵庫から取り出した状態。固まった脂から肉を掘り出します。

I then pan-fried the legs (I tried to heat in the oven, but the fat explosion was a bit too much- it made my oven very oily and smoky), and served it with red cabbage and roasted veg.  By mistake, I made a huge portion of braised red cabbage (12 portions, according to Delia Smith http://www.deliaonline.com/recipes/type-of-dish/vegetarian-food/christmas-easybraised-red-cabbage-with-apples.html), but luckily it freezes well..

取り出したら、フライパンで焼きます(オーブンで焼こうとしたら、脂が飛び散って、大変なことになったもので...)。付け合せは赤キャベツの蒸し煮(こちらではよく肉料理の付け合せにするもの。りんごが入り、甘酸っぱい仕上がり)と、オーブンでローストした根菜類です。
赤キャベツは...ついつい丸ごと一個使ったら、12人前の出来上がりになってしまいました...。
冷凍しちゃった。

So this is what our main course looked like..

メインは、こんな感じでした。


To be continued..
つづく

1 comment:

  1. 朝倉さくらさん、こんにちは!はじめまして、コメントを頂いた艸です。

    鴨のコンフィ、付け合せのお野菜も美味しそうですね^^

    海外在住の方からコメントを頂くと、いつもなんだか不思議な感じがします・・・。

     コメント、艸のブログのご紹介、ありがとうございます!

     こちらこそ、よろしくお願いします!

    (頂いたコメントは「管理人のみ閲覧」となっていましたので、こちらにお返事を書かせていただきました。)

    ReplyDelete