Search This Blog

Tuesday, 29 December 2009

Barcelona: Gaudi Tour & Pintxos

On the third day, we went to where we had to go.  Sagrada Familia.
It opens at 9 a.m. and we probably arrived around 10.30.  We had to queue for about 45 minutes to get inside, and I am sure that the queue got longer as we stood there.

三日目。バルセロナのお決まりコースということで、行ってきました。サクラダ・ファミリア教会です。9時に開くということでしたが、10時半頃に到着したら、すでに長蛇の列でした。中に入るまで、45分かかりましたが、私たちが並んでいる間にも、列はどんどん長くなっていったみたいでした。


To our disappointment, the staircase to go up the tower is now closed.  When I came with my sister in the late 90's, we could walk all the way up.  Now the only option is to go by elevator, which said "waiting time: 90minutes".  We skipped.

I will let the photos do the explaining of what the building was like..

塔のてっぺんまであがれるのですが、エレベーターで行くことになっていました。
私が昔、姉と来たときには、頑張って階段を上っていったのですが、今はエレベーターだけ。少しずつ高くなってゆく、あの感じが好きだったのですけど。
エレベーターは「待ち時間 90分」とあったので、上に上がるのはやめました(別料金だったし)。
教会については、写真をご覧ください。口で説明するよりも写真が語る、という気がします...。


Nativity Facade(キリスト誕生の場面を模した入り口)




Passion Facade (キリストの受難を模した入り口。ここから中に入れる)




Inside..


Looking up... 天井。




We went for lunch after that- it was a looong walk, but well worth it.  We went to a place called Cerveceria Catalana, which happened to be the big sister of Ciudad, the place we went on the first day.  We were worried that we might not get a seat, but luckily we did.  The tapas there were excellent!!!  I wished that I had 5-6 stomachs so that I could try everything on the menu..

そこからかなり歩いて、やはりおすすめだというレストランに向かいました。Cerveceria Catanala というお店で、偶然にも初日に行ったお店の姉妹店でした。人気店だということで、席があるか心配だったのですが、ちょうどテーブルが空いて、座ることができました。
ここのタパスもおいしかった!!! 胃袋が5、6個欲しくなりました。メニューのどれを見ても、食べたくなってしまって...。



Perhaps these mussels were the plumpest mussels I have ever seen.  Full of flavours, bursting with rich juice, it was gorgeous.

こちら、今までで食べた中で一番ぷりっぷりのムール。しかも大きい。ジューシーでおいしかった。




Classic, calamari fritters.  I loved the lightness of the batter, and the sweet, soft flesh that goes wonderfully well with a squeeze of lemon.

タパスの定番、イカリングです。衣はあくまでも薄く、ふっくらと揚がったイカの身がおいしかった。レモンと実によく合います。



With our stomach full again, we made our trip to Parc Guell, to continue our Gaudi pilgrimage.  We took the wrong route (which we blame the guidebook for), and went up the steep hill, when we could actually take an escalator.
The park felt fun and playful- I liked this place more than I did Sagrada Familia (if it is comparable.. I don't know).

幸せなお昼のあと、向かったのはグエル公園です。ガウディ巡りということで...
公園があるのは丘の上。エスカレーターもあったのですが、知らずに急な坂を上ってしまいました。ガイドブックの馬鹿。
公園は、なんだか面白かった。サクラダ・ファミリアよりも好きです(比較の対象になるのか分かりませんが)。




















Surprisingly, we were hungry again by 7pm.  We had a bit of hiccup which is not worth writing here (we can only blame the guidebook... again), but finally went to a place called Euskal Etxea (http://euskaletxeak.org/cat/jatetxea_restaurant.php).  It is a restaurant attached to a Basque Cultural Centre.  This place was.. so fun and wonderful.

驚くべきことに、7時にはまたお腹が減っていました...
向かったのは、Euskal Etxea (http://euskaletxeak.org/cat/jatetxea_restaurant.php) というお店で、バスク文化センターに併設されています。
ここが、とっても面白くて、楽しくて、おいしいお店でした。というのも...




You enter the restaurant, and it looks like a bar, but with a long counter filled with plates with small canapes. These canapes - a piece of bread with salmon and chopped onions, stuffed roasted pepper, or ham and cheese, etc..- are called Pintxos, which apparently are a Basque-style snack.  All of them are fastened with a cocktail stick.

店に入ると、カウンターにずらりと並んだお皿が目に入ります。どのお皿にも、色とりどりのカナッペが盛られています。薄切りのバゲットなどの上に、サーモン、赤ピーマン、生ハムとチーズ、などなど、いろーんなものがのっています。
これらは、ピンチョス(Pintxos)といって、バスク地方のスナックの一種なのだそうです。どれも、爪楊枝で止められているのが特徴です。



Customers take whatever they want - you don't even bother the staff, you just grab what you feel like having.  You only talk to them to have the plate, or a drink.  You don't pay until the end.

客は、好きなものを勝手に取って食べてしまいます。店員に断る必要はありません。
店員を煩わせるのは、最初にお皿をもらうときと、ドリンクを頼むときだけ。支払いは最後にまとめて済ませます。

One very important thing is, that you HAVE TO keep the cocktail sticks, as that will tell how much you need to pay.  All the pintxos are priced the same, so it is easy to calculate.  What a fabulous idea!  We also love the fact that it is based on people's honesty.

一つ、重要なのは、「全ての爪楊枝をとっておく」ということ。
その数を数えて、支払いをするからです(ピンチョスは全て一律の金額)。すばらしいアイディアだと思いませんか?客と店との信頼に基づいたシステムというのも、いいなあと思います。


We had a wonderful selection of pintxos.  Just look at these colours..

私たちが食べたピンチョスのいくつか。おいしかったぁ。

(手前から時計回りに:生ハム、赤ピーマンにタラをつめたもの、スパニッシュオムレツ、揚げハンバーグ)


(おろしチーズにプチトマト、アンチョビを巻いた青唐辛子をのせたもの)




Again, I wished I had more than one stomach.  I wanted to demolish them all.

またも、胃袋がもっとたくさんあったらよかったのに...と思ったのでした。




What a happy day it was, filled with so much good food..  (we also had gelato and polvorones..)

幸せに浸りつつ、帰途についた晩でした。
(途中、おいしいジェラートとポルボローネも味わったし...)

2 comments:

  1. you remind me Guel Park.. it was a beautiful and amazing place... I went to there 12years ago.. so sad... I am getting old..but It seems like yesterday I visited there.kkk

    ReplyDelete
  2. Hello, thanks for the comment!
    Well... the first time I went to Guel Park was 13 years ago, so I guess we are the same.. ;)
    You should go back to Barcelona, it was fantastic, and inexpensive to go from London!

    ReplyDelete