Search This Blog

Monday, 21 December 2009

Hot Chocolate

Unlike yesterday, today was grey and wet.  Nothing beats winter blues like hot chocolate, so I made some (actually, the truth is, that I had some single cream left-over that I had to use..).
I have two favourite hot chocolate recipes: one is quick, easy and light.  The other is a bit complicated but rich and thick.  The one I made today was the latter.

昨日とは一転して、今日は曇ったり降ったりの一日でした。さむーい冬の日には、やっぱりホットチョコレート(ココア)が一番!ということで、作ってみました(いや、実際は単に使い切ってしまわないといけないクリームがあったから、なんですが...)
私がいつも作るのは、簡単であっさりとしたココアと、ちょっと面倒だけど、リッチなココアの二種類があるのですが、今日作ったのは後者でした。

There is a lovely hot chocolate recipe in a book called "The Chocolate Connoisseur".  It is a wonderful book written by a lady called Chloé Doutre-Roussel, who used to be the chocolate buyer at Fortnum & Mason.  I think her recipe is very nice, but.. I changed it a bit, and here is my own version:

Chloé Doutre-Roussel という女性が書いた、"The Chocolate Connoisseur"という本があります。彼女は、もともとフォートナム&メイソンのチョコレートのバイヤーをしていた女性で、チョコレートのことを知るにはうってつけの本です。この本においしいココアのレシピが載っているのですが、それにちょっと私のアレンジを加えたのが、以下のレシピです。

Ingredients:
50g Good quality chocolate (70% cacao)
200ml milk
50ml single cream
2 Tablespoon good quality cocoa powder
Tiny tiny bit of salt
one sprinkle of cinnamon

1. Grate or chop chocolate finely.
2. Put cocoa in a small sauce pan, and add small amount of milk.  Make a smooth paste over a low heat.  Add the rest of milk and cream, and mix well.
3. Add salt and cinnamon.
4. Heat the milk until just before boiling, and add the chocolate.  Melt completely.
5. Now it's ready to serve!


材料
ダークチョコレート (カカオ70%、人工香料無添加のもの) 50g
牛乳 200ml
生クリーム (植物性油脂でないもの) 50ml  
ココア 大匙2
塩 ほんのひとつまみ
シナモン ひとふり


1. チョコレートを細かく刻むか、おろし金でおろす
2.ココアを少量の牛乳と混ぜ、弱火にかけながら滑らかなペースト状にする。残りの牛乳と生クリームを加え、よく混ぜる
3.塩とシナモンを加える
4.沸騰寸前まで温め、チョコレートを加えて溶けるまでよく混ぜる
5. 出来上がり!いただきまーす

Since this hot chocolate is so thick, I like to serve it in a demitasse cup, and just have a small quantity.  It is rather bitter, as I don't add any sugar during the preparation.  This way, whoever is drinking can adjust the sweetness themselves.  Personally I quite like adding a little teaspoonful of demerara sugar.
The original recipe uses full-fat milk, and less cream, but since I only stock semi-skimmed milk at home, I increase the proportion of single cream.  I like the hint of cinnamon, but keep it to a level that you almost cannot recognise.  Sometimes I also add a little rind of orange..
Chloé also says (among other things..) you should leave it for at least an hour before serving at room temperature, and leaving for about six hours would be the best, as the flavour matures.  I do agree, but normally I am not so well-organised, that I just drink it straight away.  It is still good!

とってもリッチで濃いココアなので、デミタスカップのような小さなカップで味わうのが私のお気に入りです。砂糖を加えないので(チョコレートそのものの甘みだけ)かなり甘み控えめの出来上がりです。人によって、好きな甘さは違うので、各自甘さの調整ができるように、こうして作ります。ザラメや三温糖のような砂糖を少し加えるのも好きです。
元のレシピでは普通牛乳を使うのですが、私は普段セミ・スキムミルクを飲むので、生クリームの割合を増やしました(イギリスではシングル・クリームという乳脂肪分18%ほどのクリームがあり、これでしつこくないコクが出ます。日本の30%+のクリームを使うときは、ほんの少量でいいと思います)。シナモンはほんのちょっと、分かるかどうか、くらいの量にとどめます。ときには、オレンジの皮を削ったものを少し加えたりもします。
本では、「出来れば6時間以上、最低でも室温で1時間置くと、味の深みが増す」と書いてあり、事実なのですが...そこまで待ちきれず、私は大体、作ってすぐ飲んじゃいます(笑)。それでも十分おいしいと思います。

でも...都合よく大匙1だけ生クリームがあるなんて、あんまりありませんよね。そんなときは、全部牛乳でOKだと思います。好き好きですし、お好みでアレンジしてください。私は、ときどきもっと牛乳加えて薄めてしまうこともあります...。

No comments:

Post a Comment