Search This Blog

Friday, 25 December 2009

Christmas Dinner  Part 2

Continued..
For dessert,  we started with cheese.  We bought some beautifully stinky melting chevre from the Pyrenees and also a very deep-flavoured Beaufort from this lovely cheese shop, La Cave (http://www.la-cave.co.uk/about.php ).  We then had chocolate roulade.

つづきです。
デザートには、まず「芳香」の漂うピレネー産のシェーヴルと深い味わいのボーフォールを楽しみました。ロンドン市内になるLa Cave というチーズ屋さんで購入したものです(http://www.la-cave.co.uk/about.php)。続いて、チョコロールケーキ。



Roulade, or a rolled cake has been in fashion for a while in Japan, apparently.  This time I made it with chocolate sponge, but I am also fond of the very simple, plain sponge roll with just fresh cream (and no jam..).
The key to make successful roulade is to have the right recipe for the right size of tray - well, my "log" was longer than the one on my recipe book, so I nearly ran out of cream for coating...
I used strawberries from Egypt- which did pain my conscience a bit.  So completely out of season!  However, interesting fact that they grow strawberries in Egypt in winter (in greenhouses, I guess).

ロールケーキって、日本ではかなり流行ってますよね(今も?)。今回はチョコレートのスポンジで作りましたが、普通のスポンジにただ生クリーム、というのも好きです(イギリスではジャムとクリーム、というのがよくある取り合わせです)。
ロールケーキ作りで一番大事なのは、焼く型の大きさが、レシピどおりであることだと思います。
そうと知りつつ...今回は長めに出来てしまったので、クリームがちょっと足りなくなってしまいました...こちらでは、24日の夕方から25日一杯、全てのお店が閉まってしまうので、買い足しに行くこともできませんでした。なので、ちょっと薄めのクリームコーティングです。
イチゴは、エジプト産のものでした。イギリスでは、夏になるとおいしい露地物のイチゴが出回るので、季節はずれの輸入ものを使うことには、ちょっと良心の呵責を感じました。
しかし、エジプトでこの時期にイチゴ栽培をしているっていうのも、なんだか面白い発見です。

The traditional dessert for Christmas in my husband's home country is creamed rice, or ris a'lamande, served with cherry sauce.  It is actually very nice, and though it still sounds contradictory and almost a lie when it comes out from a Japanese woman's mouth (rice sweetened and cooked in cream...!) - I like it.
I debated with myself and my husband, whether I should prepare it or not, but since the roulade was on the list for a while, and since we will be travelling soon after Christmas, we decided not to make it this year.
Perhaps next year, as my mother-in-law has kindly sent me the recipe.

So, I hope everyone had a wonderful Christmas!!

夫の生まれた国では、クリスマスにはリス・アラマン(が、一番原型に近い発音らしい)という、お米をクリームと牛乳で煮込んだものをデザートに食べます。つめたく冷やし、あったかいサクランボのソースをかけて食べるのですが、これが結構おいしいのです。
クリームたっぷり、甘くて、そこに甘酸っぱいサクランボ...で、ゴハン。我ながら、これを「おいしい」と言えることが不思議ですけれど。
作ろうかどうしようか、迷ったのですが、すでにロールケーキは作る気満々でしたし、クリスマスあとはすぐに出かけてしまうし、今年はパスすることにしました。義母がレシピを送ってくれたので、来年は作ってみようと思っています。

皆さんのクリスマスはいかがでしたでしょうか?楽しいクリスマスであったことを願っています。

No comments:

Post a Comment