Search This Blog

Sunday, 27 December 2009

Barcelona: La Rambla and La Boqueria

It's been a while since I updated.. so, a bit of catch up (as I write this in Jan)..

だいぶ間があいてしまいました…これを書いているのは1月です…

We went to Barcelona from the 27th, staying four days.
It was my second visit- I went there backpacking with my sister more than 10 years ago.  I clearly remember how bright the sun was despite the time of the year, which was February.  This time in December it was again very warm and sunny, at least most of the time.

というのも、27日から4日ほど、バルセロナに行っていたためです。
バルセロナは二度目。前回は、ずうっと昔に姉と二人でバックパッカーとして訪れたのでした。2月だというのに暖かく、太陽が燦燦と輝いていたのを覚えています。今回も、12月という時期にもかかわらず、天気には恵まれ、だいぶ暖かな滞在でした。

On the first day, we walked down La Rambla, the busiest street in Barcelona.  There were many strange-looking (at least to our eyes) street performers.  Many of them stood still, allowing you to take pictures with them, for a few coins.

初日、ラ・ランブラという大通りを散歩しました。一番にぎやかだと言われる道です。なんだか不思議な大道芸人?がたくさんいました。みんな、天使やら銅像やらの格好をして立っていて、見る人はコインを置いて一緒に写真を撮るのです。



On La Rambla, there is a great food market known as La Boqueria, or more correctly, Mercat de Sant Josep.  It is a great market, with lots of colourful and yummy looking food.  It was very busy - perhaps half of the people there were tourists...
Here are some shots to give you a taste of it!

ラ・ランブラの途中に、ラ・ボケリアの通称で知られるメルカト・デ・サン・ジョゼップという市場があります。さまざまな食品を売る市場で、大変な賑わいでした。観光客が半分くらいだった気がしますが…。その様子、ちょっとご紹介しますね。


Great meat shop- the butcher guy was slicing some of the cured meat, which was hung from the ceiling.  The hams were surprisingly pricey, but I guess it suggests how much care and effort have been put into them.

お肉屋さん。店頭にぶら下がった塊の肉(豚のもも)を、その場でナイフで削いでいるところでした。イベリコ豚のハムは驚くほど高かったけれど、それだけ手間のかかるものなのだろう、と思った次第です。


Colourful chillies.. though, interestingly we didn't come across any spicy dishes while we were in Barcelona.  Anyway, great colours.

色とりどりの唐辛子。…だけど、唐辛子を使ったスペイン料理ってどんなのがあるのでしょう?今回は、辛い料理には行き当たらなかったけれど。飾り??



Lovely mushrooms - as they were in season we did see quite a lot of mushroom dishes as "special of the day" at restaurants.  This wacky mushroom had green spots.. and looked slightly scary.

山盛りのキノコ。レストランでも、「本日のおすすめ」にキノコ料理がよく登場していました。でも、この手前のキノコ、緑の斑点があって、ちょっとだけ不気味…。


At the end of La Rambla, you get to the harbour, where you see the statue of Christopher Columbus.  It was a very clear day so lots of people were enjoying a stroll.  I think it is really lovely to live in a city that has an easy access to the sea.

ラ・ランブラを最後まで歩いてゆくと、港に出ます。高い、コロンブスの像が建っていました。気持ちよく晴れた日で、日曜ということもあったのでしょう、たくさんの人が散歩していました。それにしても、海に面した街って、開放感があって素敵です。



Since we had an early start from London, we decided to have an early dinner, so that we could go to bed not too late.  The restaurant we went to was called Ciudad Comtal (or Ciutat Comtal in Catalan) , which was too full at lunch time to even get inside.  We ordered several dishes of Tapas - and the winner of this evening was flauta, kind of a sandwich using a thin "flute" baguette.

この日は朝が早くて疲れていたので、早めの夕飯にして、早めに寝ることにしました。
向かったレストランは、Ciuditat Comtal というところ。ホテルの人の紹介でしたが、お昼に行ったら中に入ることも出来ないくらい、混んでいたのです。
タパスをいくつか頼みましたが、中でも私が気に入ったのがこれです。フラウタ(フルートの意味)とよばれる、細いバゲットのサンドイッチです。



The filling was roasted red pepper, roasted aubergine and anchovies.  The bread was so crunchy and thin, and the texture worked beautifully.  I feel that I rediscovered my love for anchovies during this trip: with this flauta, the sharp saltiness of anchovy made an excellent combination with the slightly acidic red pepper, and creamy, sweet aubergine.  Aaaah.  I think I will keep on dreaming about this flauta for the rest of my life.

中身はローストした赤ピーマンとなす、それにアンチョビ。パンは外側がかりっとして、大きすぎず、全体的な食感のコンビネーションが抜群でした。アンチョビの塩味と、やや酸味のある赤ピーマン、甘みのある、クリーミーなナスが作りだす絶妙なハーモニー。そして、軽すぎず、重すぎないパン。
人生最高のサンドイッチの一つとして、一生忘れない…というくらい、おいしかった。
今回の旅行では、アンチョビへの愛も再確認してしまいました。イワシ万歳。

I asked for tea at the end of the meal.  Just said "tea", and green tea was brought..  The teabag was so cute/ funny, that I wanted to share it with you here (the tea itself wasn't bad, by the way)

食後に、「ティー」を頼んだのですが、紅茶ではなくて緑茶が出てきました…。しかも、このティーバッグ。
「(訳)ディルマー・ティーはとても特別な紅茶です。創始者はお茶にその生涯をささげ、お茶作りの技術を習得しました。彼は、気遣い、誇りと情熱を持って、このファミリー・ビジネスを支え続けています。これはお金では買えません!
お茶は、まずまずでした。




No comments:

Post a Comment