Search This Blog

Thursday, 30 September 2010

Claire Clarke's Afternoon Tea/ クレア・クラークのアフタヌーン・ティー

I went for an afternoon tea with Momo, to 5th Floor at Harvey Nichols.  It was a special afternoon tea, produced by Claire Clark, a very well-known pastry chef who worked in various restaurants including a three Michelin starred restaurant.
Momo and I haven't had afternoon tea together for some time - and since this was a limited edition, I think it was totally justified that I went, even though this was the third afternoon tea I had in a month.

I have only been to 5th Floor for coffee, but know that it has a good reputation for food.  I like the contemporary, clean atmosphere.










The afternoon tea was - fun and quirky.
First, four sandwiches were brought to us, sitting on a bright red acrylic board (not sure what else I can call it).


They are inspired by four cities, apparently - Paris, London, New York and Milan.
My favourite was the Milanese sandwich, which was tuna on focaccia.

Then came the scones, and the pastries.




Normally for an afternoon tea, you will be served 5-6 pastries to share between two people.  Here we had as many as TEN pastries per person!  It must be such hard work in the kitchen, and of course, we both got really stuffed.
According to the menu, they were all inspired by childhood memories- thus having flavours like bubble gum (top left, "bubble gum marshmallow pavlova") and s'mores (top middle, "peanut butter S'Mores").

I think I am a bit conservative when it comes to desserts and pastries. So the ones I liked were lemon Madeira cake, and Opera with sesame...


Now that afternoon tea is becoming more and more popular, and the competition ever more severe, each place has to do something different to stand out from the crowd.  I do love classics, but this was really fun, and very different!

◎ ・ ◎ ・ ◎ ・ ◎ ・ ◎ ・ ◎ ・

今日は友人のMomo と、デパートのハーヴェイ・ニコルズにある5th Floor というレストランでアフタヌーン・ティーを頂いてきました。

期間限定のアフタヌーン・ティーで、3つ星レストランでも働いたことのある、クレア・クラークというパティシエプロデュースのものです。思い起こせば、過去ひと月の間で3度目のアフタヌーン・ティーですが...ま、いっか。

5th Floor は、料理に定評がありますが、私はお茶を飲みに来たことがあるだけです。
デパートの中とは思えない開放的な空間で、モダンな雰囲気のレストランです。











さて、アフタヌーン・ティー。
遊び心いっぱいで、楽しいお茶でした。
まず最初に登場したのは、4つの都市からインスピレーションを得たというサンドイッチです。なぜか、真っ赤なアクリル板に乗って出てきました(目がチカチカする)。


4都市とは、パリ、ロンドン、ニューヨークとミラノ。
私が一番好きだったのは、フォカッチャとツナのもの。ミラノだそうです。

それから、スコーン(フルーツとプレーン)とお菓子が登場しました。



通常のアフタヌーン・ティーでは、2人前で約5,6個のお菓子が運ばれることが多いようです。こちらでは、なんと10種類!こんなに何種類も作るのは、きっと大変だろうなぁと思いました。
私たちはというと、当然お腹いっぱい。
メニューによれば、これらのお菓子は「子供時代の思い出の味」の再現なのだそうです。
例えば、左上にあるのは「風船ガム味のマシュマロ・パヴロヴァ」で、その右となりのものは、「ピーナッツバターのS'More(たき火でマシュマロを焼いて溶かし、ビスケットに挟んだもの。キャンプファイヤーなどのときの定番らしい)」。
ちょっと日本人の感覚からすると「?」な味ではありました...。

お茶と一緒に頂くお菓子となると、私は保守的なのかもしれません。
私がおいしい!と思ったのはメレンゲののったレモン・マデイラ・ケーキと、ゴマを散らしたオペラでした。




ロンドンでのアフタヌーン・ティーの人気は、現在も高まる一方のようです。
当然、競争も激しくなりますし、どこでもほかの店との差異化を図っているのでしょう。そうした観点から見ると、たしかにこちらのアフタヌーン・ティーはユニークで、面白いものでした。
でも、個人的には、やっぱり(良い意味で)「普通においしい」アフタヌーン・ティーがいいなぁ...などと思いながら、お店をあとにしたのでした。

No comments:

Post a Comment