Search This Blog

Tuesday, 5 October 2010

Remains of summer in a jar / 夏の名残りのジャム

I have been making quite a few jars of jam...


From the far left, gooseberry, nectarine, golden plum, damson, greengage and English plum.
I wish I could say this means I don't have to go to the supermarket to buy any jams - however, that is not the case (we normally buy strawberry jam, which I didn't get around to make much of).

This was my first attempt to cook damson jam.
In my book, it said that the fruit is very tart but develops a spicy flavour as you cook.  I am not sure about the flavour, but well, I do like its deep red colour.










I am quite fond of my golden plum jam, which I already wrote about in an earlier post.  It is quite interesting to see how similar the greengage jam looks- the fresh (uncooked) fruits looked quite different from each other (basically, green and bright yellow).



Jam making is always fun, as it really makes you feel like you are capturing the season in a jar.
Also in my case, I can say I'm not doing patisserie - but instead, I'm preparing something for our breakfast  (makes me feel I am doing something slightly healthier)!
Not sure how long they would last, but surely these bright coloured, flavoursome jams will give us some pleasure on cold and dark winter mornings.

* + * + * + * + * +

今年は夏から秋にかけて、よくジャムを作りました。



左端から、グースベリー、ネクタリン、黄色のプラム、ダムソン(小粒のプラムの一種)、グリーンゲージ(緑のプラム)、イングリッシュプラム、です。
これでもう、お店で買わなくて済む...といいのですけど、お店でも買います(特にイチゴジャム。今年はほとんど作りませんでしたので)。

こちらはダムソンのジャム →
作ったのは初めてです。ダムソンは出回る時期が非常に短く、見つけたらすぐに買わないと、旬を逃してしまいます。
本には「生だととても酸味が強いけれど、煮るとスパイシーな風味になる」とあったのですが...味見しても「?」でした。
ま、色がキレイなので、いいとしましょう。






以前こちらのブログでも書きましたが、黄色のプラムのジャムはなかなか良い出来でした。
面白いのは、火を通すと果物の色が変わってしまうこと。
生だと真っ黄色のプラムと、くすんだ緑色のグリーンゲージなのですが、ジャムにするとほとんど見分けがつかないくらいになってしまいます。


ジャム作りが楽しいのは、旬の味をそのままビンに詰められたような気になれるからでしょうか。
それと、私の場合お菓子じゃなくて朝ゴハンの支度だという言い訳ができる、ということもあります(べつに言い訳しなくていいんですが...)。大義名分というか。

6ビンもあるジャムですが、いつまでもつことでしょう。
いずれにせよ、晩秋や冬の暗い季節に、夏や初秋の果物を再び味わうことができるのは、ちょっと贅沢な楽しみです。


No comments:

Post a Comment