Search This Blog

Sunday, 19 September 2010

Trip to Mont St=Michel and St Malo part 2/ モン・サン‐ミシェルとサン・マロの旅 Part 2

After saying Good-bye to Mont St-Michel, we crossed over to the nearest town to stop for lunch, and had a  galette complète.  Galette is a crêpe made with buckwheat flour, and Complète is a galette that comes with ham, cheese and a soft sunny-side up egg.
I was too hungry, and the galette was sooo good.

I only realised that I forgot to take a picture after I had cleaned the plate...
After this satisfying lunch, we walked over to the boulangerie next door, and asked for kouign-amann.  

This regional speciality (weirdly) became massively popular in Japan, back in the 90's.  Seems there are many variations (large, small, folded, layered, rolled..), but here is the one we bought.


I think this was one of the best patisseries I have ever tasted!!
It's like the best-ever palmier + top croissant divided by two.
You get the crunch and sweetness of the caramelised sugar, the flakiness of the puff pastry, and buttery soft layers of a viennoiserie.
The lovely lady at the shop warmed it up just slightly, and I am sure that brought out the flavour too.

We also bought a slice of far breton, which is another regional speciality.  They say this might be the oldest form of a flan, and is made with egg, milk and sugar, with soft, melting prunes.  This was good too.  I think we were extremely lucky to have found this patisserie.








After a wonderful lunch & dessert, we carried on our journey and arrived at St Malo, a charming seaside town.


I am so not a beach person, but I do love the coast.  The sky was blue, and the breeze felt so goooood...


We dined at Delaunay that night, which was a big disappointment.
My main course, ravioli of lobster came with NO SEASONING.
When it was sent back to the kitchen, and returned on our table - it was THE same ravioli.  By then, the pasta was almost dissolved in the now over-salty cream.
I normally avoid writing negative comment on this blog, so you can imagine how bad the experience was.

I think we simply used up all our luck for the good weather and the fantastic Kouign Amann.

Next morning, we had a short stroll by the seaside, and then picked up our breakfast - what else, but a few more kouign amann?


Unfortunately, these were not as good as the previous day's.

We had to leave St Malo before noon, as the journey back to Paris was quite long.  We made two hasty stops on our way back, and got back to Paris just in time.  Our 30min dinner (!!  bravo for the quick service) was taken in quite a rush, and then we jumped on our Eurostar back to London.  We slept all through the journey..

Overall, it was a great trip - and I am dreaming of doing it all over again!!!

◎ ・ ◎ ・ ◎ ・ ◎ ・ ◎ ・ ◎ ・


モン・サン-ミシェルをあとにした私たちは、とりあえず一番近くの町ででお昼にすることにしました。
入ったのはクレープ屋さんです。定番である、ガレット・コンプレットを頼むことにしました。
ガレットというのは、そば粉のクレープで、フランスでは甘くない「ゴハン」クレープは、大抵このそば粉のものです。コンプレットは、ハム、チーズと半熟目玉焼きがのったもの。

とーってもおいしくて、お腹が空いてて、...きれいに平らげたあとで、写真を撮り忘れたことに気づきました...惜しいことをした。
お昼を食べ終わってから、隣のパン屋さんに行きました。

皆さん、90年代に日本で大ブームを巻き起こした、「クイニー・アマン」というお菓子をご記憶でしょうか?(実際にはクィニャマンに近い発音ですが)
クイニー・アマンは、ブルターニュの地方銘菓で、今回の旅の目的の一つでした。

現地では、いろんな大きさや形のものがあるようでしたが、私たちが、今回立ち寄ったところで買ったのはこんなの↑ 手のひらサイズでした。

おいしーい!!!


今までに食べたお菓子の中で、かなり上位のランキングです。
おいしいパルミエと、おいしいクロワッサンを足して二で割ったみたい。
カリカリキャラメル+さっくりの皮、しっとりとした層にバターの香り。最高でした。体重と肌荒れを気にしないでいいのなら、毎日食べたい。ものすごく私好みです。
シンプルだからこそ、飽きがこない味です。
お店で、「今食べるの?じゃ、ちょっとあっためるわね」と、素敵なマダムがちょっとだけ「チン」してくれたのですが、これがまた良かった気がします。


こちらのお店でもう一つ買ったのが、ファー・ブルトンというお菓子です。
フランの原型とも言われており、牛乳と卵をたっぷり使った、優しい味のお菓子です。プルーンを使うのが特徴。
こちらもおいしかった。
こんなおいしいお菓子屋さんを発見出来て、本当にラッキーでした^^





満腹&満足のお昼とおやつのあと、サン・マロに向かいました。
サン・マロは、海辺にある、城壁で囲まれた小さな町です。


ビーチリゾート、というようなものには惹かれないのですが、海辺に行くのは大好きです。
空が広くて、風がとても気持ち良かった!ほんとに、天気には恵まれていたと思います。


その晩の夕食は、Delaunay というレストランでした。
私のメインはロブスターのラヴィオリだったのですが、なんと、塩味がしない...
キッチンに戻してもらったのですが、同じラヴィオリが、今度はおそろしく塩辛いソースに浸って戻ってきました。
もうラヴィオリどろどろ、ロブスターも火が通りすぎて固い。これはひどすぎますよね。
通常、このブログでは悪い批評というのは避けているのですが、これは書かずにいられない、という気になりました。皆さん、行かないように!

今回の旅行ではきっと、天気とクイニー・アマンで、幸運を使い果たしてしまったのでしょう...。

翌朝は、散歩のあとで朝食をとりました。
当然(!) クイニー・アマンです ^^


うーん...昨日のクイニー・アマンのほうが、断然おいしかったなぁ...

パリに向かう道のりはかなり長かったので、昼前にはサン・マロを発ちました。後ろ髪を引かれる思いでしたが...。
途中お昼などで寄り道をしつつパリに到着したのは、レンタカーを返す予定時間ぎりぎり。
その後、大急ぎで駅近くのブラッセリーにて30分で夕飯をかきこみ(スピーディーに対応してくれたウェイターさん達に感謝!)、ユーロスターに乗って、ロンドンに戻りました。

帰りの列車ではさすがに疲れて、二人ともずーっと眠ってしまいました。
でも、ほんとに充実した、楽しい週末旅行でした。
また行きたい!!

No comments:

Post a Comment