Search This Blog

Saturday, 7 August 2010

The Globe Theatre/ グローブ座で観劇

I went to the Globe Theatre with some friends today.  It was the first time I have seen a performance there.


The Globe is a round, semi-open-air theatre.  There are covered seats, but the centre is under the open sky, and this area is called the yard.  The original Globe theatre where Shakespeare performed his plays burnt down in the 17th century, and the current one is a recreation, completed in 1997.

We booked the tickets about a month ago, and by then most of the seated tickets were already sold out.  So we ended up in the yard.
Apparently the yard is the most "authentic" way to see a play at the Globe.  Another good thing is, that it is quite a bargain - 5 pounds for a 3 hour-long play.






I didn't know until I got inside, but the stage is not a rectangle, but rather T-shaped, with a part jutting into the yard, and that made the actors feel extra close to you.


The play was Henry VIII.
To be honest, I wish it had been one of the Comedies instead of a History play, as I'm (slightly) more familiar with those.
However, I still loved the theatre, and enjoyed the whole experience: you are so close to the stage and the performers, that you feel you are actually part of the play.
It is a very "English" experience- and highly recommended, even if you are not a huge Shakespeare fan.

And, when the play was over, we took a walk along the river.. Tower Bridge just looked so beautiful in the dark.  All in all, it was a very nice evening out!



* * * * * * * * * *

今日はグローブ座で、友人たちとお芝居を観てきました。
グローブ座は、外から見たことはあったけれど、中に入るのは初めてです。


グローブ座は、主にシェークスピアの作品を上演している劇場です。最初のものは17世紀に焼失してしまい、1997年になってようやく、2代目グローブ座が再建されたそうです。
写真からもお分かり頂けるように円形で、中は半野外になっています。
屋根の付いた席もありますが、真ん中の部分は覆いがありません。天気の安定しないロンドンなので、こちらの劇場でお芝居を行うのは、夏のあいだだけ。

チケットはひと月ほど前に買ったのですが、そのときにはすでに、ほとんどの座席券(屋根付きの場所)は売り切れてしまっていました。
そこで、「ヤード」と呼ばれる、屋根のない立ち見席のチケットを買いました。劇場の人の説明によれば、それが最も伝統的な観劇を楽しめる席なのだそうです。
その上、安い!3時間のお芝居なのに、一人5ポンドでした。
(まあ、3時間立ちっぱなしってことですが)



中に入って見るまで知りませんでしたが、舞台は普通の横長の長方形ではなく、真ん中に客席に向かって突き出した部分がありました。キャットウォークみたいな感じがしなくもありません。
このため、役者たちが観客に「囲まれて」演じる形になり、より一層身近にお芝居を観ることができるのです。


この日の劇は、「ヘンリー8世」でした。
正直なところ、喜劇のほうが観たかったのですが、それでもこの非常にユニークな劇場、その空間で繰り広げられる、熱のこもった役者たちの演技は十分に楽しめました。ときに役者がヤードに降り立ち、客のあいだを駆け抜けたり、観客に語りかけたりもして、舞台と客席との距離の近さが新鮮でした。
シェークスピアに興味がない人でも、おすすめです。

帰りに、テムズ河沿いを散歩していたら、タワーブリッジがライトアップされていました。夜に来るのは久しぶりだったので、思わずパチリ。
なかなか気持ちの良い夜遊びでした。


No comments:

Post a Comment