Search This Blog

Saturday, 28 August 2010

The end of summer, beginning of autumn/夏の終わり、秋の始まり


I have kept on buying peaches and strawberries, telling myself that these are the last of this season - since end of July...  Well, finally I did stop buying them, and over the weekend, I bought my last nectarines of the season.
When I buy the "last batch", I often make them into a jam- so that  I can still enjoy the season's flavour, even when the actual fruits are gone from the shelves.  So I made some nectarine conserve this time.


Following my jam recipe book, Jams & Chutneys, I chopped up the nectarines and covered them with sugar over-night.  This way, the fruit gets "cooked" in sugar, and you don't need to cook in heat for a very long time.
I love the refreshing smell of this conserve - it really is like capturing the last bit of summer in a jar.  And the colour is beautiful too.  It reminded me of rose petal jam.

Having said my good-byes to nectarines and peaches, I welcomed greengages and English plums.


I think greengages are my favourite plums.  It is unbelievably green, but so sweet.  I fell in love with this fruit when I was living in Paris.  I must have seen them in the UK too, but they never seem to have caught my attention.  In France, it is called Reine Claude - Queen Claude, which is apparently the name of a Duchess of Brittany from the 16th century (wiki).

These plums make lovely jam too!
I already know that there will be some jars of English plum jam and greengage jam in our cupboard, by the time I start wearing my warm long boots...

* * * * * * * * * *


この季節、これが最後...と思いつつ、何度イチゴと桃を買ったことでしょう。7月の末から、もう旬も終わりだと思いながらも、つい何度も手に取ってしまっていました。
ネクタリンも同じだったのですが、とうとう「ほんとに最後のネクタリン」を先日買いました。
季節最後の果物は、ジャムにしたくなります。
季節が過ぎても、まだその果物を楽しめるからです。
ということで、今回はネクタリンでコンサーブを作りました。



私の持っている Jams & Chutneys という本にしたがって作ったのですが、まず、1cm角に刻んだネクタリンを、砂糖漬けにして一晩置きます。
こうすることで、調理されたのと同じ効果が得られ、実際に火を通す時間を短縮できるのだそうです。実際、作ったコンサーブは、ほんとにフレッシュな香りと味でした。

写真だとちょっとわかりづらいのですが、皮ごと煮たので、ピンクがかった色合いになりました。バラのジャムみたいで綺麗でした。

(註:Conserve は辞書によれば「砂糖や塩漬けなどにして保存できるようにした食品」です。私のレシピ本では、いわゆる「ジャム」 と、砂糖を控え目にした「プリザーブ」と、最初に砂糖漬けにする「コンサーブ」とで、名称を分けているようです)

ネクタリンや桃の季節は終わってしまったけれど、それと同時に、今度は英国産のプラムや、グリーンゲージの季節がやってきました。


グリーンゲージは、写真の緑のプラムです。緑だけれど、これで十分熟しており、とても甘くておいしいプラムです。
初めて食べて感動したのは、パリに住んでいたときのことでした。彼の地では、レーヌ・クロード(クロード王妃)と呼ばれており、話によれば16世紀のブルターニュ公爵夫人の名前からつけられたのだそうです(ウィキより)。

言うまでもなく、これらのプラムで作ったジャムもまた、おいしいのです...

そろそろロングブーツで暖かい格好をして出かけなきゃ、と言い出す頃には、きっと私の戸棚にはまた新たにプラムのジャムが加わっていることでしょう。

2 comments:

  1. Dear Sakura Asakura,
    Today I went to buy fresh fruits in a nearby market and found the Reine Claude plum. I remembered your blog and bought it. Wonderful! It's indeed very sweet and refreshing. I'm telling you this as a pregnant mother seeking for freshness and vitamins :) Thanks for your advice!

    ReplyDelete
  2. Thanks for the comment Jess!
    I miss those marche... that was where I first found Reine Claude! You can really eat them like candies, and they are so much nicer than candies! Ah, I am craving for more...

    ReplyDelete