Search This Blog

Sunday, 29 August 2010

コンノート・ホテルでアフタヌーン・ティー/ Afternoon tea at The Connaught

今日はコンノートというホテルで、"Chic & Shock Afternoon tea" と名付けられたアフタヌーン・ティーを頂いてきました。
前からずっと行ってみたかった場所で、とても評判が良いので楽しみにしていました。


連休の中日で、こんでいるかと思ったのですが、それほどでもなくてゆっくりできました。スペースはそう広くないのですが、大きな窓から入る光で、解放感のある空間です。

紅茶はウェッジウッドの茶器でサーブされます。
個人的に少し残念だったのは、フレーバード・ティーや中国茶が多かったこと。シンプルなイングリッシュ・ティーに相当するのは私のオーダーしたセイロンだけでした。
アッサムやウバなど、ミルクを入れて美味しい紅茶があると嬉しかったのですが。



まず登場するのがサンドイッチです。
ここで食べすぎちゃいけない...と思いつつ、おいしくて、つい完食してしまいました。
手前左から、青リンゴとチキン、タマゴマヨ、キュウリとディル、サーモンとワサビクリームです。


こちらがスコーン。
アプリコット入りとプレーンの二種。バター多めの生地で、わりとさっくりとしていました。


ここでは、クリスティーヌ・フェルベールのジャムが4種類出され、季節ごとに入れ替えられるのだとか。今回はバラのジェリー、マンゴー&パッションフルーツ&オレンジ、ルバーブと野イチゴ、それにラズベリーとスミレの4種でした。
イチゴは王道だけれど、酸味の強いジャムを合わせるのが個人的に好きなので、パッションフルーツのジャムがとても気に入りました。オレンジの果肉がごろごろしているのも◎。家でも真似して作ってみたくなりました。


さらに、きれいなお菓子の数々が、三段トレイで登場します。


まず、一番下の段。
ブルーベリーのケーキ、ピスタチオとラズベリーのタルト、チョコレートとキャラメルのムースです。
このムース、運んできてくれたウェイターのお兄さんが「これが僕の一番のお気に入りです」と言っていたけれど、私も同意見です。
キャラメルの塩加減が絶妙で、ほろ苦いチョコレートとよく合っていました。
真ん中の段(ここにスコーンが乗ってくるところが多いのですが)は、ピーチコンポートのシャルロット、フィナンシエ+アプリコットのムース、ケシの花とイチゴのシューでした。
どれも丸く、ころんとしているのも、きっと意図的なのでしょう。


一番上の段には、クロテッド・クリームと、ババ(ラムをしみ込ませたブリオシュ生地のデザート)がのってきました。
こちらのババは、パン生地をオレンジとパッションフルーツのゼリーに閉じ込めて、上にミルクのフォームをのせたもの。
なかなか凝った出来でしたが、フォームが溶けていたのがちょっと残念です。




こちらのアフタヌーン・ティーは、エレン・ダローズというフランス人の女性シェフが手掛けたものです。紅茶の選択も、お菓子もジャムも、「フランスらしさ」の色濃い点がユニークだと思いました。
別のホテルでももちろん、フランス人のヘッド・パティシエが手掛けたところはいくつもありますが、ここまで「フランス」を全面に打ち出しているところはないでしょう。
タイトル通り、お洒落なお茶でした。

* * * * * * * * * * * * * *

Today we went to The Connaught Hotel and had "Chic & Shock Afternoon tea".  I have always wanted to try their tea, and was looking forward to the occasion.


The tea room is not very large, however thanks to the large window it had plenty of light and felt airy.
Despite the fact that it was a Bank Holiday weekend, the place wasn't too busy - we could enjoy our tea in peace.

The tea was served in this sophisticated Wedgwood cup.  
One negative point (at least for me) was that there wasn't a lot of traditional English tea - most of the tea on the menu was flavoured tea or Chinese tea.  I ordered Ceylon, which was the only choice I had..



Here are their sandwiches- salmon, egg, cucumber and chicken.  They were all good, but I especially liked the salmon and wasabi cream sandwich!


Next - scones.  They make plain and apricot scones.  They were light and buttery, and went well with fruity jam and smooth clotted cream.


The scones were served with four different jams from Christine Ferber, who is known as "the fairy of jam-making" in France.  The selection changes regularly, and this time we had rose petal jelly; mango, passion fruit and orange jam; rhubarb and wild strawberry; and raspberry with violet.  
My favourite was the passion fruit one, which had the fresh tang of the fruits.


.. And the pastries on a three-tiered stand.


I liked the caramel mousse the best.  It was layered with hazelnut daquoise and dark ganache, finished with beautiful glaçage.
It was light, and not over-sweet .. just the perfect balance.  Yum.
This is the middle plate- which was very pretty.  I suppose it was intentional that they are all round-shaped.


This one is a creative version of baba - brioche soaked in rum syrup encased in passion fruit and orange jelly, topped with milk foam (shame that the foam already dissolved by the time I took the photo).
The chef behind this creative afternoon tea is Hélene Darroze, a well-known French female chef.  In fact it was very French, from the selection of tea to jam, and of course the pastries.  
I know there are other London hotels that have French head pastry chefs, but so far I think this is the place that feels most French - which is interesting, as afternoon tea is such an "English" tradition.
As the name says, it was a very chic tea for sure!

No comments:

Post a Comment