Search This Blog

Tuesday, 15 June 2010

ネクタリンのジャム/ Nectarine jam

今年最初のネクタリンを買いました。
Home Ripening と書いてある、5個入りのパックです。まだ完熟ではなく、家でしばらくおいておいて、熟させてから食べます。


買って二日ほどしたら、部屋中にネクタリンの香りが漂うようになったので、さっそく食べてみたものの…おいしくない。そのまま芳香剤代わりに置いておきたい気はしたものの…仕方がないので、ジャムにしてしまいました。

ふと思い当って、友人のパティシエ、ファビアンが作る方法で煮ることにしました。火を通す時間を短くして、ペクチンを加えて濃度をつける方法です。
皮つきのまま(ネクタリンを食べるときももちろん皮ごとです)切って、種を除いて計量し、果実の約35パーセントに当たる量のグラニュー糖を加えました。保存目的の場合には50%くらいにしますが、早く消費することを前提で、少なめの砂糖にしました。

煮ているあいだ、ネクタリンの甘酸っぱい香りが部屋いっぱいに広がって、それはそれはいい匂いでした。

皮ごと煮て、少しつぶしたのでちょっと赤っぽい仕上がりです。レモンを少し絞って、味を引き締めました。


たしかに、煮詰めるよりも香りが際立っています。
瓶を持って、深呼吸したいくらい^^
パンに塗ってかじると、口いっぱいに爽やかな香りと味が広がって、幸せ~

我が家式、アロマテラピーでした。

%.%.%.%.%.%.%.%.

I bought some "home ripening" nectarines the other day.  It was the first time this season.


Despite their sweet fragrance..  they weren't very good... disappointingly.  
So, I decided to make them into jam (as I normally do with so-so fruits).

I decided to follow my pâtissier friend Fabien's method this time: to cook for a short time with less sugar, and add pectin to thicken the jam.  
I weighed the fruits, removing the stone (pit?  I never know), and added the sugar, which was about 35% of the weight of nectarines.  I knew I was going to eat the jam within a few days, so did not add much (normally I would add around 50%).  

While cooking, the smell of nectarine that filled the flat was just heavenly...

I had to blitz the jam a bit, as the fruit was quite firm.  To finish, I added a squeeze of lemon.


I could tell that the smell of the jam was fresher than my usual cook-to-105c method.  Holding the jam jar up to my nose and taking a deep breath.. made me smile.  It was great with toast too, perfect for summer breakfast.

I call it aromatherapy à la sakura :)

No comments:

Post a Comment