Search This Blog

Monday, 15 March 2010

(Japanese style)Fruit cake/ 日本式?フルーツケーキ

I baked three tins of fruit cake last week.  This one has been "matured" for about 6 days now, and the recipe book says I can keep it for 2-3 weeks.

The recipe is from a Japanese cake book, and the pastry chef who wrote it once commented that this is a "Japanese style butter cake" - which has a light, fluffy, soft texture, rather than moist and dense texture of traditional butter cakes (and let me add this - I DO like the traditional, rather heavy fruit cakes too).

When I made this cake for the first time, it was slightly shocking, as the outcome really was so different from the "normal" butter cakes that I have been baking.  The instructions are very different - for example, you need to mix the dough well, even after adding the flour, which is unusual for butter cake recipes.

The flavour is very nice. The author tells you to soak raisins in rum for a week, and dried prunes in hot tea.  Together with these, roasted chopped walnuts, dried apricots and candied orange peel (home-made!) are mixed.  When the cake is baked, it is brushed with lots of rum-syrup (I used an aged Nicaraguan rum called "Abuelo"), to keep the cake moist and to add flavour.  It's not for kids..

So, what happened to the two other cakes?  They should be on their way to my sister's flat by now.. the reason why I chose a long shelf-life cake.  I hope my family enjoys the British-born fruit cake a la Japonaise.

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

先週、フルーツケーキをパウンド型に三本、焼きました。
これは、約5日間「熟成」させたものです。2-3週間はもつそうです。

これは、日本のレシピ本からのケーキなのですが、書いたシェフが以前「これは日本ならではのケーキです」と言っていたことがありました。イギリスでよくお目にかかる、どっしりとしたフルーツケーキとは違い、ふんわりとして軽く、柔らかなケーキだからです(どっしりタイプも、私は好きですが)。


初めてこのレシピで作ったときには、軽いカルチャー・ショックを受けました。あまりに出来上がりが違ったからです。作り方ももちろん違います。粉を加えてから「混ぜすぎないこと」と書いてあるレシピがほとんどなのに、このレシピではしっかり混ぜるのです(と書くと、ご存知の方は「あの人だ!」とお分かりになると思いますが...)。

口当たりだけでなく、味のほうももちろんおいしくて(と、自画自賛ですが)、中に仕込むフルーツもいろいろと工夫がなされています。レーズンはラムに漬けるけど、プルーンは紅茶に漬ける、とか。そのほか、アプリコット、くるみ、自家製オレンジピールを入れて焼き上げ、焼き上がりにはたっぷりのラム酒のシロップをしみこませます。我が家で眠っていた、ニカラグア産の「アブエロ」という名前の、7年ものだかのラムです。出来上がりは...お子様にはむきません。

で、残りの2本はどうしたかというと...たぶん、そろそろ日本の姉の自宅に届く頃だと思います。しっかりアル中にしたので、きっと無事な姿のまま、届くことでしょう。喜んでもらえますように。

No comments:

Post a Comment