Search This Blog

Sunday, 7 March 2010

Blueberry muffins/ ブルーベリー・マフィン

A few months ago, I had the occasion to have a drink with several pastry chefs.  One of them, who is an executive pastry chef at a famous five-star hotel said "I always make my muffins with vegetable oil.  Not butter".  Then a heated discussion took place: whether you should use oil or butter, and how the fat/ oil changes the flavour and texture.
There was only one way to find out for myself  - so I baked muffins.
I found a recipe that uses a combination of strong flour and plain flour, with vegetable oil.  To this I added blueberries and lemon, and topped with some streusel to add a bit of texture.
The result was.. interesting.  I mean, good-interesting.
I normally bake muffins with butter and plain flour.  This gives a flaky texture, cake-like quality and wonderful aroma.
This time, with the mixed flours and vegetable oil, the muffins had a more bouncy texture.  Although you lose the flavour of butter, I think the kick from lemon worked pretty well.  Also it was soft and moist- even when it cooled off.

Overall, I think I like it, although I cannot say whether I like it "better than" using butter.  The good thing is that you can make the muffins when you want to (i.e. no need to keep the butter at room temperature), and the recipe is quick to make.  Also, it tastes less rich, and less cake-like, so it made me feel healthier and therefore more suitable for "breakfast".  However, butter-based muffins have a rich aroma and flavour, which is perfect for an indulgent weekend breakfast.

Anyway, my husband and I enjoyed the muffins.  Juicy sweet blueberries, nice light crunchy topping, and refreshing flavour and acidity from the lemon.  Yum.

I would have shared the recipe if I thought it excellent - but I think I want to tweak it a bit.  So, perhaps after an experiment or two, the recipe will be posted here..

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

少し前に、ロンドンのパティシエの人たちと飲む機会がありました(と言っても、私はトマトジュースでしたが)。
そのとき、某有名5つ星ホテルのエグゼキュティブ・パティスリー・シェフを務める男性が、「マフィンを焼くときには、必ずサラダオイルを使う」と言いました。そのあと、バターを使うのか、それともサラダオイルにするべきか、その違いやらなんやら、なかなか白熱した議論が展開しました。
果たして、違いはどんなものなのか。
それを探るべく、焼きました。マフィン。

今回のレシピは、強力粉と薄力粉を両方使い、サラダオイルを使用するものです。
ブルーベリーとレモンを加え、シュトロイゼル(クランブル)をトッピングしました。
結果は...なかなか興味深いものでした。

普段、私が焼くのは薄力粉とバターを使うマフィンです。特徴としては、ケーキに近い食感、それにバターの香り、でしょうか。
今回の焼き上がりは、柔らかくて弾力があり、引きがあるという感じ。もっちり(ああ、日本語のオノマトペって偉大ですー)。バターの香りがないのはちょっと淋しいけれど、レモンの香りがいい感じでした。冷めても柔らかいのも◎。

どちらのほうがいい...とは言えないけれど、これも好き、と言うのが結論です。
バターを室温に戻さなくていいこと、作りやすいこと、というのは、朝食にするには良い点です。それに、あまりリッチではなく、健康的だという錯覚さえ覚える(笑)あっさりした口当たりも、朝食向きといえそうです。
でも、バターのリッチな風味も捨てがたいし、ちょっと贅沢な味わいこそが、「週末の朝食」という気分にさせてくれるのもたしか。
そのとき次第で作りわけるのが一番いいのかもしれません。

いずれにせよ、ブルーベリーいっぱいの、爽やかなレモン風味の焼きたてマフィン、おいしく食べたのでした。

レシピを載せようかとも思ったのですが、ちょっと改善の余地あり...だと思ったので、そのうち、ということにします。乞うご期待...!?

No comments:

Post a Comment