Search This Blog

Wednesday, 19 January 2011

Art in Kensington Gardens/ ケンジントン・ガーデンズのアート

I tend to think that the best things about London are the parks, museums and it being so international.
And, when you combine all these, you get this.


Art installation by Anish Kapoor, an Indian Sculptor, in Kensington Gardens.

I went to his exhibition at The Royal Academy in 2009, which was very interesting.  I saw the same sculpture back then, and enjoyed the artist's playfulness.
Placing it in the middle of the park has a very different effect, but I like it nonetheless.

It's like looking into a giant spoon.  You must have looked into a spoon, laughing at your deformed, upside-down face when you were a kid, for sure?












It looks like this when you see it from far away..  Just like a super-large picture or a photograph panel in the middle of the park.


Four of his sculptures have been on display in the garden since September, and the exhibition is lasting until March.  I think I will miss them when they are gone.  It's become part of the garden.

It was a fine day - we have been having so many grey and rainy days, that a day like this is so precious.  You never know when you will see a sky like this again..


#~#~#~#~

ロンドンの良いところは?と訊かれると、大抵「公園と、美術館と、それとインターナショナルなところ」と答えます。
それらをぜーんぶ一緒にすると...

こうなります。


ケンジントン・ガーデンズ内で現在行われている、インド人の彫刻家アニッシュ・カプールの展示です。

1年ほど前にも、ロイヤル・アカデミーで行われたカプールの展覧会を見に行ったことがありました。そこにも同じ彫刻がありましたが、そのときにもみんなが近寄って覗きこんで、なんだか楽しい雰囲気でした。

公園でもなんだか面白い感じです。
凸面のほうはやや細長く映るだけですが、凹面の弧の内側に立つと、さかさまに映ります。みんな、写真を撮ったり、あとずさってみたり。
小さい頃にスプーンを覗きこんだときのことが思い出されます(私だけじゃないはず...)。








遠目に見ると、こんな感じです。
公園の真ん中に突如現れた、巨大な写真か絵のように見えました。


公園内には、全部で4つの彫刻が展示されています。
期間限定のものなので、3月までだそうです。見慣れてしまったので、なくなったら寂しくなりそうです。

この日は珍しい晴天で、散歩日和でしたが...こんな青空、次は一体いつ見られるのやら。
毎年のことながら、ロンドンの冬は暗いです...


No comments:

Post a Comment