Search This Blog

Sunday, 16 January 2011

My fruit cake/ 新年のフルーツケーキ

I like baking this "special" fruit cake for Christmas.

For this recipe, you need to make a fruit mix that consists of lots of dried fruits, candied peels, spices, liqueur, and fresh apples. What I consider special is, that you need to mature this for at least a month.

Well..  last year, when I decided to bake the cake, it was already  November...
So, it was too late to make it for Christmas.
I had to wait until January to let the macerated fruits mature, and therefore the cake had become a New Year's Fruit Cake, rather.
Well, never mind.

I love making this cake - the flavour of the matured fruit mix is just wonderful.  The recipe calls for extra ingredients and effort (you need to make a caramel to fold into the batter) which you won't need for normal fruit cakes, but it's all worth it.


I used to wrap the cake in a brandy-soaked muslin, but this time I brushed it with lots of rum syrup, and then left for a few days before cutting.

The cake is so rich and full of flavour, that you only need a thin slice.
For me, an ideal companion to a nice cup of tea, on a cold wintry day!


#~#~#~#~

日本に住んでた頃、クリスマスになるとフルーツケーキを焼いていました。

中に入れるフルーツは、生のリンゴ、自家製オレンジピール、レーズン、スパイス、リキュールなどを合わせて、ひと月以上寝かせたものです。ときには、9月頃から「仕込み」を始めたものでした。

が、しかし...
昨年、作ろうと思い立ったのは11月のことでした。
フルーツを一ヶ月寝かせていたら、当然クリスマスには間に合いません。
ということで、1月になって焼くことになったのでした。まあ、新年のフルーツケーキでもいいことにしましょう...。

このケーキは、ほかにもいろんな材料を用意したり、生地に混ぜ込むキャラメルを作ったり、と結構な手間がかかります。
ですが、その甲斐のある、美味しいレシピです。
何よりも焼いているあいだの香りがとても良くて、それだけで満足してしまいます^^


以前はブランデーをしみ込ませたガーゼなどでケーキを覆ってしばらく熟成させたりもしましたが、今回はたっぷりのラム酒シロップをハケでしみ込ませました。そして、2日ほど待ってからやっと味見。

どっしりとしてリッチなケーキなので、薄く切ります。
冬の寒い日のティータイムにぴったりのお菓子です。

2 comments:

  1. I love reading your blog! Photos are so beautiful!

    ReplyDelete
  2. Hello M,
    Thank you very much for your comment! It makes me so happy to receive compliments on my photos :)) Please visit again!

    ReplyDelete