Search This Blog

Monday, 23 May 2011

The Balkans: Ohrid (Macedonia)/ オホリッド(マケドニア)

We left Sofia at 12:00 AM on a night bus, headed for Skopje, the capital of Macedonia.  From there we were going to take another bus at 6:00 AM to get to a town called Ohrid.

The bus journey went well - or too well.  Instead of five and half hours as we were told, it only took four and half hours.
And, Macedonia is one hour behind from Bulgaria - so it was only 3:30 AM when we arrived at this dark bus station where homeless people were sleeping on benches.


We found a 24 hour bakery just outside of the bus station and had an espresso with lots of sugar.
It tasted SOOOO good.

I slept all through the next leg of the journey.  When I woke up, it was already bright and we were in Ohrid, an old town by an old lake.


The lake is as deep as 300m, and as long as 30km.  Apparently its history goes back three million years!

The water was so clear, and we saw people fishing as well as swimming (bet it was very cold).




The most famous and picturesque church in the whole Macedonia is here - Church of Sveti Jovan at Kaneo.
The old man whom we purchased the ticket from was very kind and explained the frescoes inside the church to us in French (a bit mysterious that his first foreign language was French).
I feel that these little interactions are what make these trips so worthwhile.


Ohrid was a touristy town by Balkan standards.  However, we found the place so tranquil compared to Western European towns.  It even had some kind of serenity - perhaps it is the blue sky and the deep blue water.








What we remember from here is the beautiful scenery of the old church by the ancient lake, and the poppies blowing in the wind.
It was such a peaceful place...


. 。. 。. 。. 。. 。.

ソフィアを出発したのは、真夜中12時のことでした。夜行バスでマケドニアの首都スコピエに入り、そこからまた別のバスでオホリッド(オフリド)という街に向かう予定でした。

スコピエまでは5時間半という話だったのですが、4時間半で着いてしまいました。ブルガリアとは1時間の時差があるため、現地の到着時刻は午前3時半。
バスの発着所は明かりもほとんど落とされており、ホームレスの人たちが寝ていました。



バスの発着所のすぐ外に、24時間オープンのパン屋さんを発見!
そこで、お砂糖をたっぷり入れたエスプレッソをひっかけました。
しみじみ美味しかった。

次のバスではずーっと寝てしまいました。
で、目が覚めたら、オホリッドでした。


ここはユネスコ世界遺産にも登録されている古い街で、同名の湖のほとりにあります。
この湖は300万年もの歴史がある、古代湖の一つなのだそうです。深さも300mあり、一番広いところでは30キロもの幅があるのだとか。

水は澄んでいてとてもきれいでした。
覗きこむと魚が見えて、釣りをしている人もたくさん。
泳いでいる人もいたけど…冷たそう。


オホリッドには、マケドニアで一番有名で、一番美しいと言われる教会がありました。カネオの聖ヨヴァン教会です。
たしかに、湖に面してちょこんと坐したような姿で、美しいというよりも可愛らしいという感じ。
ここでチケットを売ってくれたおじいさんが、(なぜか)フランス語での案内を買って出てくれて、中のフレスコ画の説明をしてくれました。
現地の人たちとの、ちょっとした触れあいとか親切さが、旅の楽しみだとつくづく思います。

この街は、この辺りでは「観光地」として知られていますが、西ヨーロッパから来ると、比べ物にならないくらい静かで、落ち着いて感じられました。
空の青さ、湖の広さ...豊かな大自然に囲まれているからでしょうか。
  
オホリッドでは、他にも遺跡や教会を見たけれど、あちこちで咲いていた真っ赤なポピー(コクリコ)の花が、印象的でした。
マケドニアにもまた行って、ほかの土地も見なくちゃ...


No comments:

Post a Comment