Search This Blog

Thursday, 6 May 2010

藤酔い/ Wisteria: the purple mist

あまり訊かれる機会はありませんが、好きな花は?と訊かれたら、「桜と梅と藤!」と答えることにしています。

藤というと、日本的な花だという印象がありましたが、実はロンドンでもよく見かけます。時折、本当に見事な藤の木に行きあうこともあり、5月初頭の散歩は(天気がよければ)、なかなか楽しいのです。

下の写真は、ハイストリート・ケンジントン近くの藤です。アパートらしき建物の柵を囲むように咲いていました。



こちらは、閑静な住宅街で。
この道は木蓮、八重桜、ライラックなどが多く、どの花とも分かちがたい香りがいつも漂っています。自分が住んでいるわけではないのですが…おすそわけしていただいている気持ちで、遠回りしても通りたくなる道です。
見事な花房!


そして、その上を行きます…一面を覆う藤の花の滝。


昨年見つけ、この時期の来るのを一年、楽しみに待っていました。


日本では藤棚が多いけれど、ロンドンでは家の壁を這わせている藤のほうが多いようです。下から藤の花を見上げるのも、珍しい体験でした。


藤の花の命は短く、あっというまに枯れてしまいます。天気の良いとき、ちょうど太陽の光線の良いときに…と狙って撮ってきました。私の興奮(?)が伝わるでしょうか?
ほんとうに、綺麗でした。

# = # = # = # = # = # = # =

It's not a question that I'm often asked, but if anyone did ask me what my favourite flowers are, I'd say "cherry blossoms, plum blossoms and wisteria".
I had the impression that wisteria was a rather "Japanesey" flower, but I was pleasantly surprised to find so many wisteria trees in London - especially around Kensington and Chelsea.  Therefore, taking a walk in this area at beginning of May is a great pleasure.

This photo below was taken near High Street Kensington.  The fence around a building block was covered in these lovely purple flowers, giving out a sweet scent.




This was in a quiet residential area.  The street has many magnolia, cherry and lilac trees, and the air is filled with the fresh, sweet smell of flowers.  Even when it is a detour, I love taking this street.  


...And.. what a view...!!


I found this house last year, and have waited a whole year for the season to return.  


I seldom had an occasion to "look up" at hanging wisteria flowers...


Sadly, wisteria doesn't last very long.  I have been waiting for the right weather and the right sun light.. and got these photos.  I hope you can feel my enthusiasm and excitement, and love for the flowers..!

No comments:

Post a Comment