Search This Blog

Saturday, 19 March 2011

Cotswolds Part 1: Villages / コッツウォルズ Part 1: 村めぐり



It's been a long long time since I last updated my blog.

The earthquake in Japan made me think over about my normal daily life - whatever I did, I thought about the affected people, and it made me feel guilty that I could still live a normal life.
It took me a long long time to come to the conclusion that stopping my daily life will not bring back their daily life.  I can carry on with my life, but WITHOUT forgetting about them.

So, this post goes back two months from the present..

My mother was supposed to come from Japan, and we were planning to go to Cotswolds together - one of the most picturesque parts of the English countryside.

Unfortunately she decided not to come, as it was straight after the earthquake.
Well.. but all the bookings had been made, so my husband and I decided to go by ourselves.

This village is called Chippenham Camden.  What you see is an old Market Hall, where they used to sell dairy products.  The honey-coloured stone houses were very pretty, and it was a shame that all the shops were already closed by the time we arrived there.


I enjoyed collecting photos of interesting knockers and doorknobs though.


 


This is Bibury.  The town is known for its trout farm and clean water.

We had trout sandwich for lunch - the weather was so nice, air beautifully fragrant, just so peaceful and quiet.  The hustle-bustle of London felt like something in another world...


And, this is Castle Combe (pronounced "koom"), which was our last stop.

The village is known for its preserved scenery and considered "the prettiest village in England".
We stopped for coffee here - it was one of the worst coffees I have ever tasted in my life, but well, I think the prettiness of the village made up for it.


* + * + * + * + * +



最後にこのブログの更新をしてからずいぶん経ちます。

日本で起きた地震のあと、ずっと日常生活を普通に送ることが、後ろめたいような気がしていました。避難所での生活を余儀なくされている人々がいるのに、自分だけが安全な場所でぬくぬくとしているような気になりました。
だからといって、私が日常生活を送らなかったら、彼らの日常が戻るわけでもない。
私は普通の生活を続けながら、被災者の人たちのことを忘れず、支援をしてゆけばいい、と割り切れるまで、だいぶ時間がかかりました。

というわけで、今現在これを書いている時点から、2カ月も前のことになります...

本当は東京に住む母が、ロンドンに来ることになっていました。一緒にコッツウォルズに行く予定でした。日本でも人気の村巡りを予定していたのです。

が、地震直後で空港への交通すらおぼつかなくなり、訪英はキャンセルとなりました。
でも、予約しちゃったし...と、とりあえず夫と私だけで行くことにしました。

上と右の写真は、チッペナム・カムデンという村のものです。右の建物はマーケットホールと呼ばれ、昔ここでチーズなどを売っていたのだとか。
よく言われる「はちみつ色」の石造りの家が並び、良い雰囲気の町でした。
夕方でお店が全て閉まっていたのが残念でした。

仕方なく、閉まったドア相手に、ユニークなノッカーやノブの写真を撮ってみました。

 


こちらはバイブリー。
きれいな水と、マスの養殖で知られる村です。

養殖場に併設されたカフェで、マスのサンドイッチを頂きました。
空気は澄み、うららかな春の陽ざしの中、とっても気持ちよかった。
ロンドンの喧噪が遠い世界の出来事に感じられます。

そして、こちらはカースル・クーム。最後に寄った村です。

村の景観がよく保存されていることで知られ、「イングランドで一番美しい村」とも呼ばれているそうです。
ここではホテルのティールームでコーヒーを飲みました。
たぶん、今までコーヒーの中で最もマズイ部類に入る代物だったのですが、あまりの景色と天気の良さに、まぁいいか、という気分になってしまいました...こんなこともあるのね。




No comments:

Post a Comment