Search This Blog

Wednesday, 3 November 2010

Plum Tart/ プラムタルト

Today, I baked a plum tart.



I can never put a knife into a plum without remembering the days at Claridge's, where I did my internship.
I had to slice plums very very thinly every day for the fruit tartelettes, and then on Tuesdays, I had to cut about 30 of them for the plum tartelettes.  
My plum tart is basically the larger version of Claridge's.


I like its simplicity (pate sucree + almond cream + plums + streusel), and love the flavour of this combination.

Though it looks "clean" at a first sight, when you dig your fork into the tart... the purple-red juice bursts out, stains the fork and overflows onto the plate...


I quite enjoy this horror look ;)
My recommendation would be to serve this with a dollop of creme fraiche, along with a nice cup of tea.

I guess this is the last time I am baking something with plums this year.  I made so many plum jams, and I think this is a nice finale to mark the end of the plum season.

。o 。o 。o 。o 。o 。o 。

今日はプラムのタルトを焼きました。
夜焼いて、...朝写真を撮ると、こうなります...



これは丸い、黒ずんだ赤のプラムを使っているのですが、このタイプのプラムを手にすると必ず思い出すのが、クラリッジスホテルでインターンをやっていたときのことです。
毎朝、フルーツタルト用にうすーいイチョウ切りにしていました。
そして火曜日には、プラムタルトの準備も。
今回作ったプラムケタルトも、ホテルで作っていたものの大きめバージョンのような感じです。


サブレ状のタルト生地にアーモンドクリーム、プラム、上にシュトロイゼル、というシンプルなもの。
ネクタリンでもたしか、同じようにして作った記事を書いてます。
このシンプルさが好きです。

焼きあがりは、ちょっとプラムが乾いた感じなのですが、フォークを入れると...中から皮の赤味が移った果汁があふれ出てきます。
いきなりお皿に赤黒い果汁が広がる、ちょっとホラーな感じがまた楽しい  ^^
紅茶と、クレーム・フレッシュ(フランスのサワークリーム)と一緒に食べるのが、私のおすすめです。


たぶん、今年プラムのお菓子を作るのは、これが最後でしょう。
今年はよくプラムのジャムを作りました...タルトで打ち止め。
また来年!

No comments:

Post a Comment